活動報告

広報PRアカデミー2017~今年の「広報・PRブラッシュアップ講座」を終了~

今年の「広報・PRブラッシュアップ講座」を終了
秋葉原・富士ソフトアキバプラザで3講座を開講

協会では、「広報・PRブラッシュアップ講座」3講座を10月18日から秋葉原・富士ソフトアキバプラザにて3回にわたり開講、11月1日をもって滞りなく終了いたしました。

 「広報・PRブラッシュアップ講座」は比較的業務経験の少ない広報・PR実務者を主な対象に、重要性の高い領域から3つのテーマをピックアップし、業務に求められる基本的な知識やスキルを、講義と演習を通じて習得する講座です。今年度は、メディア対応の基本を学ぶ「ベーシック・メディアリレーションズ」、広報・PR計画作成の基本を学ぶ「ベーシックPRプランニング」、WebやSNSをはじめとする様々なメディアを効果的に活用する考え方を身に付ける「ベーシック・コンテンツデザイン」の3講座を開講しました。

10月18日開催の第1回「ベーシック・メディアリレーションズ」は、株式会社スペインクラブの田代 順氏が講師を担当、「多様なメディア特性の理解と効果的な活用のポイント」をテーマとして、テレビ、新聞、通信社、雑誌、ネットなど様々なメディアの特性、編集等の体制や仕事の進め方などをはじめとして、対メディア対応の基本について解説と理解を深めるためのグループ演習が行われました。
2回目となる10月25日には、「ベーシックPRプランニング」が開講されました。株式会社井之上パブリックリレーションズの横田和明氏、高野祐樹氏の両氏が講師を担当しています。講座では「課題解決につながる戦略的プランニングの進め方~PRプラン作成の基本を学ぶ」をテーマに、経営目標に基づき設定されるPR目標、それを達成するためのPR戦略、ターゲット、コミュニケーション・チャネルプログラムの計画・立案に至るPRライフサイクルモデルに基づくPRプランニングの考え方、方法について講義と演習が実施されました。
11月1日には、第3回として「ベーシック・コンテンツデザイン」を開講しました。本講座は、今年度新たに設けられた新講座で、以前「PRプランナー3次試験対応講座」の講師を担当していた株式会社インテグレートの赤坂幸正氏が講師として登壇しました。本講座では変化するメディア環境を背景としてWebやSNSが広報メディアとして活用される時代に不可欠な「コンテンツデザイン」の考え方や実務におけるコンテンツの開発手順、適用事例等について、講義と演習が行われています。

3回の講座は広報・PR業務の遂行に必須となる基本的スキルに焦点をあて、集中的にポイントを習得することを目的として企画されました。今後も、経験の少ない広報・PR担当者の実務能力を強化する講座として充実するように、講座企画の検討を重ねていく予定です。


2017年11月10日prsj
カテゴリー:活動報告

  • バナー

    • 共同通信PRワイヤー
    • 内外切抜通信社
    • バナー広告募集中!