ニュースリリース

「広報PRアカデミー2015」を4月開講

公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会(理事長:近見竹彦、所在地:東京都港区六本木6-2-31 六本木ヒルズノースタワー)は、広報・PR実務者を対象とした広報・PRの専門研修プログラム「広報PRアカデミー2015」3コース15講座を本年4月より開講いたします。まず第一弾として、4月21日から23日までの3日間、新任の広報・PR実務者を主な対象とする「広報・PR基礎講座」を東京・秋葉原の「富士ソフト アキバプラザ」にて開催します。

 

協会にて教育研修事業を担当する教育委員会(委員長:菊地彰夫)は2014年度における実施内容を見直し、より充実をはかった教育研修プログラム「広報PRアカデミー2015」を開発しました。

「広報PRアカデミー2015」では、経験の深い広報・PR実務者を対象とする専門講座「プロフェッショナル広報・PR実務シリーズ」に、ソーシャル・キャピタルの増大をめざしたコミュニケーションのデザインをテーマとする「ソーシャル・コミュニケーション講座(仮称)」を追加、またデジタル化の潮流に象徴される広報・PRの最新動向をテーマとし、協会内だけでなく広く一般にも公開する「オープンセミナー(特別セミナー/特別シンポジウム)」の年2回開催(2014年度は1回)を予定するなど、2014年度に比べ講座企画を充実させています。

各講座はいずれも広報・PRの実務専門家や学識者、企業広報マネージャーなどの経験豊富なベテラン講師が担当、受講者は広報・PR業務の遂行に必要な知識や実務スキルを確実に習得することができます。

 

■「広報PRアカデミー2015」の構成

 受講者は以下コースの講座から、自身のレベルと業務上のニーズに合わせた講座を選択し受講することができます。

(1)「基礎コース」広報・PRの業務に経験の浅い新任者、広報・PRについて基礎から学びたい方を主な対象として開講し、実務に必要な基本的な知識や実務スキルを習得していただきます。

・「広報・PR基礎講座」

(2)「専門・応用コース」

業務に一定の経験を有する広報・PR関係者を対象とし、専門性の高い講義やグループワークなどの演習を通じて広報・PRに関する高度な知識や実務スキルを習得していただきます。

・「広報・PR実務スキルアップシリーズ」

・「プロフェッショナル広報・PR実務シリーズ」

・「広報・PRプロジェクト優秀事例セミナー」

・「オープンセミナー(特別セミナー/特別シンポジウム)」

 (3)「PRプランナー試験対応講座」

「PRプランナー認定資格」の取得を目的に、講義や演習を通じて合格に必要な知識やスキルを習得します。

 ・「1次試験対応講座」

・「2次試験対応講座」

・「3次試験対応講座」

 なお、昨年開講した「PRプランナーフォーラム」は、PRプランナー部会の新設にあわせ、同部会に運営を移管しています。

 

■「広報PRアカデミー2015」の受講受付について各講座開始1~2か月前に募集開始し、下記Webサイトで詳細の案内と受付を行います。

       広報PRアカデミーWebサイト 

               URL   http://event.prsj.or.jp/

 

 日本パブリックリレーションズ協会教育委員会は、広報・PRの専門研修を内容とする「広報PRアカデミー2015」とともに、メディアのキーパーソンや有識者を招いて月例で実施する会員向けセミナー「定例研究会」、年初に話題のトピックスをテーマとして有名講師を招いて開催する「新春PRフォーラム」を開催、これらの活動を通じてわが国における広報・PRの普及と啓発を推進しています。

               ※PDFファイル: NewsRelease20150324

 


2015年3月24日prsj
カテゴリー:ニュースリリース

  • バナー

    • 共同通信PRワイヤー
    • 内外切抜通信社
    • バナー広告募集中!