米国研修報告・シンポジウム

米国研修報告・シンポジウムの開催

協会実施の米国研修報告・シンポジウムの開催
2月10日(月) 18:30~20:30
内幸町・日本記者クラブ(日本プレスセンタービル 9F)「宴会場」

日本PR協会では、2月10日(月)に昨年9月実施した米国研修旅行報告・シンポジウムを開催します。

SNSの手法が次々に誕生、ネット環境が進化している中で、SNSを駆使したPRの実情と、政府や団体などに働きかけることで事業を円滑に進めるPA(パブリック・アフェアーズ)について、ご報告します。

特に、PAでは“眼からウロコ”のような話も多くあり、我々が早急に取り組んでいかなければいけない課題だと痛感させられました。

今回のシンポジウムでは、PR・PA先進国のアメリカの実情と、日本企業の今後のPAへの関わり方について提言したいと考えています。

ご多忙の折とは存じますが、奮ってご参加ください。

テーマ 米国研修報告 ~特にPAについて
開催日時 2014年2月10日(月) 18:30~20:30(受付開始 18:00~)
会 場

公益社団法人日本記者クラブ(日本プレスセンタービル)9F「宴会場」
東京都千代田区内幸町2-2-1  TEL:03-3503-2721

※会場案内図:http://www.jnpc.or.jp/outline/access/

内 容 基調報告
(株)電通パブリックリレーションズ コミュニケーションデザイン局
シニアプロジェクト マネジャー 黒田明彦氏
基調講演
ウェーバー・シャンドウィック・ワールドワイド(株) 
代表取締役会長 西谷武夫氏
パネルディスカッション
パネラー
(株)バリュープレス 代表取締役 土屋明子氏
(株)博報堂 広報室 広報グループ スーパーバイザー 桐明眞之氏
モデレーター
(株)トークス 代表取締役社長 辻田邦彦氏
定 員 先着60名(1社で多数お申込の場合、定員の関係でご相談させていただくことがありますので、ご了承ください。)※満員になり次第締め切ります
会 費

5,000円  ※当日申し受けます(協会領収証発行)
※報告書、軽食・飲食代込となります。

お申込締め切り

2月5日(水)

※準備の都合上、キャンセルは2月6日(木)までにお願いいたします。
それ以降のキャンセルおよび、ご連絡なくキャンセルの場合は、会費をご請求させていただきますので、あらかじめご了承ください。

お申込み

参加ご希望の方は、こちらのページのフォームに必要事項を記入の上、お申込みください。
※日本PR協会会員限定のセミナーです。

お問い合わせ先 (公社)日本パブリックリレーションズ協会 TEL:03-5413-6760
備 考 (1)お申込み完了後、申込内容の確認メールをお送りいたします。
メールが届かない場合は、申込が正常に完了していない場合がありますのでお手数ですが再度お申込みいただくか、事務局までお問合わせください。
(2) 録音はご遠慮ください。
(3)予定変更の折はご了承ください。

企画運営 : 交流委員会