第6回 メディア研究会

毎日新聞社 福本論説委員に聞く「危機とメディア」、新聞とテレビの視点から

会員の皆様には、今夏の節電対策に続き、今冬以降の電力供給不足問題、福島原発事故に起因する放射能汚染対策の広がり、世界景気停滞の兆しへの対応など、日々多忙な広報業務に精励されているものと拝察いたします。

さて、企業部会の広報責任者・実務者の方々を対象に、来る11月25日(金)に「第6回企業部会フォーラム・メディア研究会」を開催する運びとなりましたので、以下の通りご案内申し上げます。今年4月には、「週刊新潮」の編集長をお招きし、多くの会員の参加を得て、私たち広報パーソンの想像を超える貴重な取材体験とご苦労をお伺いすることができました。このたびの第6回は、毎日新聞社の論説委員を務められ、毎週金曜日にTBS系テレビで放映されている「ひるおび!」にもレギュラー出演されている福本 容子氏をお招きします。福本氏は毎日新聞社経済部記者としての取材暦をバックボーンに、ロンドン特派員などを歴任される中、欧州の通貨統合やエネルギー、通商問題、英国経済の問題などもカバーされてきました。テレビ朝日系列の「サンデーフロントライン」や民放ラジオ、BBCテレビ・ラジオへのご出演などでも幅広い時事問題に対して活発に提言活動されています。福本氏には、東京、ロンドンを舞台にマクロ・ミクロの経済問題から時事問題まで幅広く論陣を張られてきたご経験を基に、企業広報が磨くべき情報感度と危機対応力といったテーマでお話を伺った後、立食懇談による交流会を計画しています。

会員各位におかれましては、本研究会に積極的に参加下さいますよう心からお待ち申し上げます。

 

開催日時

2011年11月25日(金) 18:30~21:00

開催場所

アーク森ビル37F・アークヒルズクラブ
東京都港区赤坂1丁目12番32号(アーク森ビル)

http://www.arkhillsclub.com/jp/info/access.html

【注意】アークヒルズクラブではスマートカジュアルドレスコードを適用しています。下記の通り、ご案内いたしますので、ご協力お願い申し上げます。
1)男性はビジネススーツ、またはジャケットとネクタイをご着用下さい。
2)スタンドカラーのマオカラー(クルー)シャツや、タートルネックをご着用の場合はネクタイ不要。
3)女性は、スタンダード・ドレスコードに準じた適切な服装をお願い致します。

参加対象

日本PR協会加盟の企業部会会員(一社複数名の参加可)

定員

30名(席数が限られていますので、お早めにお申込みください)

参加会費

6,000円/1人(協会領収証発行/当日申し受けます)

内容

毎日新聞社・福本容子論説委員に「危機とメディア」をテーマに伺います。

東京とロンドン、テレビコメンテーターとしてのご経験や経済担当論説委員としてのお立場から、企業広報の情報感度と危機対応力といった趣旨でご講話を伺います。

なお、会合の冒頭では、今期の企業部会運営と活動計画に関して意見交換も予定しておりますので、奮ってご参加願います。

申込み締め切り

11月17日(木)

※準備の都合上、キャンセルは11月18日(金)までにお願いいたします。

11月21日(月)以降のキャンセルおよびご連絡がなくキャンセルの場合は、会費をご請求させていただきますので、あらかじめご了承ください。

問い合わせ先

(社)日本PR協会(担当:縮)  TEL:03-5413-6760

備考

・参加ご希望の方は(社)日本PR協会 事務局宛にお申込ください。

※なお、(1)参加確認のご連絡は満員時を除き差し上げませんのでご了承ください。  
(2)録音はご遠慮ください。

 

(社)日本パブリックリレーションズ協会 企業部会