広報PRアカデミー2012

基礎コース専門・応用コースPRプランナー試験対応コース

 

基礎コース

広報・PR基礎講座

概要

本講座は、比較的経験の浅い広報・PR関係者、広報・PRについて基礎から学びたい方を主な対象とし、実務に必要な基本的な知識や実務スキルの習得を目的した研修講座です。今年は講座内容の精選により開講期間を3日間に設定、多忙な広報パーソンにとっても参加しやすい講座として企画しました。
講師には、マーケティング、ブランド・コミュニケーション、企業広報の分野における教育研究に評価の高い関西学院大学ビジネススクールの北村秀実准教授をはじめ、企業広報の現場で活躍する現役広報マネージャー、広報・PR業務に高度な専門性を駆使して業務に取り組む実務家を招聘し、それぞれの経験を生かした広報・PRパーソンの養成に向けた講義を行っていただきます。

日時

1日目 : 2012年4月13日(水) 8:45 ~ 18:00

2日目 : 2012年4月16日(木) 9:00 ~ 17:30

3日目 : 2012年4月17日(金) 9:00 ~ 17:30

会場

六本木アカデミーヒルズ49

カリキュラム

4月13日(金)

  • ご挨拶・オリエンテーション(8:45~9:00)
  • 「パブリックリレーションズの基礎」 北村 秀実 氏 (関西学院大学)
  • 「広報・PR実務と計画立案の基本」岩垂 晋 氏 (株式会社オズマピーアール)
  • 「コーポレートコミュニケーションズと企業における広報・PR活動の実際」 野村 武司 氏 (株式会社野村総合研究所)
  • 「インターナル・コミュニケーション(社内広報)の実際」 大浦 裕信 氏 (富士通株式会社)
  • 「広報・PRパーソンの心構えと自己啓発」 石橋 真知子 氏 (エートゥーゼットネットワーク)

4月16日(月)

  • 「PR会社の役割と仕事」 木村 茂樹 氏 (株式会社フルハウス)
  • 「広報・PRの倫理と法規(著作権等)」 水沼 太郎 弁護士、篠田 憲明 弁護士 (三宅坂総合法律事務所)
  • 「ニュースリリースの基本と作成(講義と演習)」 青田 浩治 氏 (株式会社共同通信PRワイヤー)

4月17日(火)

  • 「新聞、テレビ、雑誌等のメディア特性とメディアリレーションズ」 田代 順 氏 (株式会社ミラ・ソル)
  • 「インターネットの特性と広報における活用」 細川 一成 氏 (株式会社電通パブリックリレーションズ)
  • 「メディアリレーションズの基本(講義と演習)」 五十嵐 寛 氏 (株式会社ハーバー・コミュニケーションズ)

 

ソーシャルメディア基礎講座 「今さら聞けないSNS」

概要

Twitter や Facebook 等のソーシャルメディアに関する基本的な知識と利用法を、講義と実習を通じて習得する講座です。Twitter や Facebook 等のソーシャルメディアの普及に刺激を受け、これから利用に取り組もうという意欲のある人々(主に社会中堅層以上)が対象となります。※SNS未経験者

日時

2012年6月21日(木) 18:00~21:00

会場

日本PR協会 会議室

カリキュラム

第1部 SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の基礎知識

  • はじまり
  • 種類と特徴
  • ビジネスモデル

第2部 Twitter の基礎的な使い方(アカウント作成)

  • ユーザー登録から使い方、他のユーザーとのコミュニケーション(情報収集)

第3部 Facebook の基礎的な使い方(アカウント作成)

  • ユーザー登録から使い方、他のユーザーとのコミュニケーション
  • 写真のアップ、ファンサイト(いいね!)について

第4部 まとめ

  • 利用時の注意(やってはいけないこと)
  • SNSのこれから
  • 質疑応答

※各部の間に休憩を予定しております。

講師

石山 香織氏 (株式会社エイレックス シニア・アカウント・エグゼクティブ)
山本 みやこ氏 (株式会社エイレックス シニア・アカウント・エグゼクティブ)


専門・応用コース


広報・PRプロジェクト最新事例セミナー ~PRグランプリ表彰企業の取組みに学ぶ~(第2回)

概要

『PRアワードグランプリ』は、協会内外から広く推薦・ノミネートされた広報・PRプロジェクトから審査により優れた取り組みを顕彰する制度です。

当協会では、昨年実施した「PRアワードグランプリ2011」における受賞事例を2回にわたるセミナーで公開します。

第2回目の開催となる今回は、「グランプリ」を獲得したさいたま市、「コーポレート・コミュニケーション部門最優秀賞」を受賞した宇都宮市の取組みについて、地方自治体が実施した傑出した広報・PR事例としてご紹介いたします。

日時

2012年6月14日(木) 19:00 ~ 21:30

会場

株式会社博報堂 本社 会議室

カリキュラム

  • コーポレート・コミュニケーション部門最優秀賞
    『宇都宮市都市ブランド戦略プロジェクト 宇都宮プライド ~100年先も誇れるまちを、みんなで~』 
    (株式会社オズマピーアール/宇都宮市関係者)
  • PRアワード2011 グランプリ受賞
    『議会広報紙のイノベーション ~さいたま市議会「ロクマル」の挑戦~』
    (株式会社電通パブリックリレーションズ/さいたま市関係者)
  • 講評と講演
    最近の広報・PRトレンドと「PRアワードグランプ2011」における表彰事例の意義(仮題)
    (ブレーメンコンサルティング株式会社 代表取締役 岡本享二氏)


広報・PRプロジェクト最新事例セミナー ~PRグランプリ表彰企業の取組みに学ぶ~(第1回)

概要

当協会は、2011年12月に実施した「PRアワードグランプリ2011」における「グランプリ」ならびに4つの部門で「最優秀賞」に選定されたプロ ジェクト事例を2回のセミナーで公開する予定であり、今回はその1回目となります。

「PRアワードグランプリ」は、協会内外から広く推薦・ノミネートされた広報・PRプロジェクトから、審査により優れた取り組みを顕彰する 制度であり、選出されたプロジェクトは、広報・PRの世界における傑出した実例として、広報・PRに携わる多くの人々の貴重な参考となるものです。

この度、ご関係の皆様のご協力を得て、本セミナーにて受賞プロジェクトの全貌を2回に分けてご紹介させていただきます。

日時

2012年5月16日(木) 19:00 ~ 21:30

会場

株式会社博報堂 本社 会議室

カリキュラム

  • マーケティング・コミュニケーション部門 最優秀賞
    「江崎グリコ 『「アイスの実」キャンペーン2011PR活動』」
    株式会社電通 関西支社/株式会社電通パブリックリレーションズ 関西支社
  • ソーシャル・コミュニケーション部門 最優秀賞
    『被災地 石巻へ食糧配給拠点立ち上げ ~東日本大震災直後からの支援活動~』
    セカンドハーベストジャパン
  • イノベーション部門 最優秀賞
    『「マーケティング3.0=世の中と企業とが価値を共創する時代」のPR発想からの統合コミュニケーションプログラム 「ヴィクトリーイレブンプログラム」』
    株式会社博報堂
  • 講評と講演
    江戸川大学 教授/日本広報学会 理事長 濱田逸郎氏

 

広報担当者のためのソーシャル・メディア実践講座(第8回)

日時

2013年3月18日(火) 19:00 ~ 21:00

会場

六本木アカデミーヒルズ49F「スカイスタジオ」

パネリスト

亀津 敦氏(株式会社野村総合研究所 イノベーション開発部 上級研究員)

徳田 匡志氏(株式会社ミクシィ 経営管理本部 広報IR部 マネージャー)

細川 一成氏(株式会社電通パブリックリレーションズ コミュニケーションデザイン局 デジタルコミュニケーション部 シニアコンサルタント)

コーディネーター

鶴野 充茂 氏(ビーンスター株式会社 代表取締役、公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会 理事) @mame3

概要

知らないと危ない!激変の最新ネットメディア大研究

第1部 ネットメディア研究

  • ネットメディアの特性と機能別の分類
  • マスメディアからネットメディア、ネットメディア間、ネットメディアからマスメディアへの情報拡散の仕組み

第2部 広報担当者のネットメディア実務研究

  • ネットメディアへのアプローチ方法
  • ネットメディアモニタリングのコツ


広報担当者のためのソーシャル・メディア実践講座(第7回)

日時

2012年10月12日(金) 19:00 ~ 21:00

会場

六本木アカデミーヒルズ49F「オーディトリアム」

パネリスト

大谷 和彦氏((弁護士、NY州弁護士)

北島 昇氏(株式会社ガリバーインターナショナル、マーケティングチーム チームリーダー)

塩原 信夫氏(茨城県 広報監)

コーディネーター

鶴野 充茂 氏 (ビーンスター株式会社 代表取締役、公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会 理事) @mame3

概要

企業・団体広報とソーシャルメディア、戦略的運用とリスク対策

第1部 企業・団体広報にみる新たなソーシャルメディア活用事例

  • 各パネリストの方々より、以下のポイントで自社の取り組みについて事例紹介していただきます。
  • 企業・団体の広報活動の目的とソーシャルメディア活用の意味
  • ソーシャルメディアを活用した企業・団体広報の枠組み、運用の工夫
  • マーケティングとCSRを両立させるソーシャル・コミュニケーションとは

第2部 企業・団体広報におけるソーシャルメディアの運用とリスク対策

  • ソーシャルリスニング ~ソーシャルメディアを介した広聴活動~
  • 生活者と共に創るコンテンツの面白さ
  • ソーシャルメディア上のコンテンツの取扱い、著作権について


広報担当者のためのソーシャル・メディア実践講座(第6回)

日時

2012年7月9日(月) 19:00 ~ 21:00

会場

六本木アカデミーヒルズ49F「オーディトリアム」

パネリスト

井上 理氏(日本経済新聞 電子報道部 記者)

上村 嗣美氏 (株式会社サイバーエージェント 広報・IR室 広報責任者)

辻 靖氏 (ライフネット生命保険株式会社 マーケティング部 部長代行)

コーディネーター

鶴野 充茂 氏 (ビーンスター株式会社 代表取締役、社団法人日本パブリックリレーションズ協会 理事) @mame3

概要

トップ広報とソーシャルメディア

第1部 ソーシャルメディア時代のトップ広報と広報部門の役割

  • 各パネリストの方々より、以下のポイントで自社の取り組みについて事例紹介していただき、その後パネルディスカッション

  • ソーシャルメディアでの情報発信のモニタリング

  • 企業トップと広報部門の連携

第2部 企業広報とソーシャルメディア

  • ソーシャルメディアを介した広聴活動

  • ソーシャルメディアを介した企業広報活動


広報担当者のためのソーシャル・メディア実践講座(第5回)

日時

2012年5月22日(月) 19:00 ~ 21:00

会場

六本木アカデミーヒルズ49F「オーディトリアム」

パネリスト

小川 一 氏 (毎日新聞社 コンテンツ事業本部次長兼「教育と新聞」推進本部長)

関口 良幸 氏 (デル株式会社 広報本部 シニアマネージャー)

豊岡 隆行 氏 (株式会社ベネッセコーポレーション 教育事業本部 副本部長)

コーディネーター

鶴野 充茂 氏 (ビーンスター株式会社 代表取締役、公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会 理事) @mame3

概要

ソーシャルメディア運用のためのインナー対策

第1部 ソーシャルメディア運用のための社内教育

  • ソーシャルメディアポリシーの策定について

  • ソーシャルメディア・ガイドラインの策定について

  • 社員教育・トレーニング

第2部 ソーシャルメディア運用の実際とリスク管理

  • ソーシャルメディアの運用の現状

  • リスク管理の対策

  • 広聴機能の整備

  • インナーコミュニケーションにおける広報の役割


広報・PR実務スキルアップ講座 「ニュースリリース活用講座 ~ネット時代に対応したニュースリリースの活用」

講座内容

ニュースリリースの概念や作成のポイントだけでなくマスメディアやネットメディアの特性を理解し、多様化するメディア環境におけるニュースリリースの効果的な活用法について、講義と演習を通じて習得します。

[講座アジェンダ]

1.近年のメディア環境の変化における「ニュースリリース」の位置付けと活用、および効果的な作成のポイント(講義)

  • 近年のメディア環境の変化
  • ますます重要度を増す企業にとっての情報発信
  • メディアに“ニュース”として採り上げられるために
  • 効果的なニュースリリース作成のためのいくつかのポイント
  • ネット時代におけるニュースリリースの活用のされ方の変化

2.ニュースリリースを作成してみる(グループ演習)

  • 課題の設定
  • ニュースリリース作成
  • 講評 & ディスカッション

3.まとめ

  • ニュースリリースはこんな形で記事になる

日時

2012年9月5日(水) 13:30 ~ 17:30

会場

六本木アカデミーヒルズ49

講師

青木 浩一(あおき・こういち)氏
株式会社電通パブリックリレーションズ コミュニケーションデザイン局 次長


広報・PR実務スキルアップ講座 「マーケティングPR強化講座 ~戦略PRとソーシャルメディア」

講座内容

マーケティングPRの事例を通じて、PR最適のコンテンツ/コンテキスト創出の視点を学びます。また、生活者間におけるコンテンツ拡散のベースとなるSNSの活用方法/使用時の留意点を理解し、マーケティングPR活動の計画と実施に不可欠なスキルを講義と演習を通じて習得します。

[講座アジェンダ]

1.なぜ戦略的なPRプラニングが必要か

2.現代の消費者行動モデル(=AISAS)

3.PRコンテンツ/コンテキスト

  • 創出のヒント
  • メディアや生活者が語りたくなる“6つの視点”
  • リポジショニングPR

4.情報流通デザイン

  • インターネットメディア普及時代の情報流通戦略

5.PR視点でのソーシャルメディア活用

  • SNSの台頭でどう変わるか
  • ソーシャルメディア活用事例
  • リスクマネジメント

6.演習

  • 課題提示「新商品発売時の戦略的PRプラニング」(仮)
  • グループワーク
  • 発表(各グループ)
  • 講評

7.海外でのPR活動の潮流(「カンヌPRライオン」事例紹介)

日時

2012年9月12日(水) 13:30 ~ 17:30

会場

六本木アカデミーヒルズ49

講師

林 恵司 (はやし・けいじ)氏
株式会社電通パブリックリレーションズ 関西支社ディレクション部 兼 本社事業開発部 シニア・コンサルタント


広報・PR実務スキルアップ講座 「緊急時対応/模擬記者会見」

講座内容

緊急時における広報・PR担当者のメディア対応にフォーカスし、社会部記者等への緊急記者会見のシミュレーション・トレーニングを行います。

この体験を通じて、企業や団体の危機的事態における心構え、マスメディアへの対応のポイントについて習得します。

[講座アジェンダ]

1.重要性を高める「クライシス・コミュニケーション」(講義)

  • 「クライシス・コミュニケーション」とは
  • 「取材記者の特性」と「情報特性」
  • リスク発生時におけるマスコミの取材視点
  • 緊急記者会見で伝えるべきメッセージ
  • 緊急記者会見における留意事項

※3.11以降の”危機管理の変化”を踏まえながらお話をします

2.緊急記者会見シミュレーション・トレーニング(グループ演習)

  • 想定シナリオと課題の提示
  • 想定シナリオの課題に対する対応策についてグループディスカッション
  • 模擬・緊急記者会見の実施(ビデオ撮影)
  • 講評(ビデオを再生しながらの講評)

日時

2012年9月19日(水) 13:30 ~ 17:30

会場

六本木アカデミーヒルズ49

講師

井澤 幹夫(いざわ・みきお)氏
井澤リスクマネジメント事務所 所長


プロフェッショナル広報・PR実務シリーズ

開催概要

「プロフェッショナル広報・PR実務シリーズ」は、事業会社やPR会社において広報・PRの第一線で活躍する実務者を対象としており、より高いレベルにおける業務の遂行に不可欠な広報・PRの専門的知識や理論、考え方などの習得をめざす実務能力強化講座です。実務者にとって重要性の高い以下の5つの分野を対象に、11月より毎月1回のペースで5講座を開講いたします。

会場

六本木アカデミーヒルズ49

科目1

「コーポレート・コミュニケーションの概念・任務と戦略・計画の立案」

2012年11月14日(水)19:00~21:00

企業広報の基本となるコーポレート・コミュニケーションの概念やミッションを企業の実例を通じて把握し、あわせてコミュニケーション活動を通じて企業経営を支える広報戦略や計画の立案のポイントについて習得します。

講師 : 株式会社野村総合研究所 コーポレート・コミュニケーション部長 野村武司氏

科目2

「マーケティング/ブランドの基礎理論と戦略的なコミュニケーション活動への応用」

2012年12月12日(水)17:00~21:00

マーケティングPRのベースとなるマーケティングやブランディングの基礎理論、考え方を理解し、演習をとおして市場に向けたコミュニケーション活動の計画や実施のポイントを習得します。

講師 : 中央大学大学院 戦略経営研究科 教授 田中洋氏

科目3

「経営課題としてのCSRと広報・PR戦略の推進」

2013年1月30日(水)19:00~21:00

企業価値の向上に不可欠となっているCSRの企業経営における位置付けや役割、重要性を学びます。さらに情報発信力の強化を通じてコーポレートブランドの向上に向けてたゆみない努力を継続し、その成果を高く評価されている先進企業の実例をとおして、企業をとりまくステークホールダーへのCSRコミュニケーションのポイントを習得します。

講師 : 帝人株式会社 広報室長 宇佐美吉人氏

科目4

「危機管理の心構えとクライシス・コミュニケーション推進のポイント」

2013年2月13日(水)17:00~21:00

不祥事や事故、情報漏洩、ネットにおける炎上など、企業や団体における危機的事態の原因、対応における成功や失敗について豊富な実例の解説を通じて理解し、広報・PR担当者がクライシス・コミュニケーションにおいて備えるべき心構えや対応のポイントを習得します。

講師 : 株式会社田中危機管理広報事務所 代表取締役社長 田中正博氏

科目5

「世界に向けたグロバール・コミュニケーションの戦略と活動」

2013年3月13日(水)19:00~21:00

“グローバル・コミュニケ―ション”に関する定義は一義的に確立していないとはいえ、急速に変化する現代世界において国を超えて広がるステークホルダーとの関係性をマネジメントするコミュニケーション活動の推進は、その重要性をますます高めています。本講座では、グローバル・コミュニケ―ションをいかに推進すべきか、その戦略と活動をテーマに、以下3つの観点から講義を進めます。

講師 : 東海大学 総合経営学部マネジメント学科 教授 小野豊和(おの とよかず)氏


PRプランナー試験対応コース

1次試験対応講座 (2013年2月)

講座内容

PRプランナー1次試験の合格に必要となる広報・PRの基礎知識習得を目的として、4回にわたって開講。より実践的な1次試験対策となるよう、過去の1次試験で出題された問題を使用した模擬試験を毎回実施し、その解答の解説を通じて1次試験に出やすいポイントの理解を深めます。試験の形式や解答法についても把握でき、1次試験の受験準備として最適です。

インターネットを利用した会場外からの受講、アーカイブによるオンライン再履修が行えるよう、ライブストリーミング「Watershed(ウォーターシェッド)」によるWeb受講サービスも提供いたします。本サービスにより、遠隔地に居住の方やご多忙な方は、自宅のPCなどから、ご自身の都合のよい時間に講座を聴講することができます。

日時

2013年2月5日(火)、12日(火)、19日(火)、26日(火)
※いずれも 19:00 ~ 21:30

会場

六本木アカデミーヒルズ49

講師

永井 昌代 氏 (株式会社プロペラ・コミュニケーションズ 代表取締役)

真部 一善 (公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会 事務局次長 教育研修・資格制度担当)

カリキュラム

2月5日(火) 講師:真部

模擬試験と解説

  • パブリックリレーションズの基本
  • 企業経営とパブリックリレーションズ
  • 広報・PRマネジメント

2月12日(火) 講師 :永井

模擬試験と解説

  • コミュニケーションとPR
  • メディアリレーションズ
  • マーケティングとPR

2月19日(火) 講師 :永井

模擬試験と解説

  • 行政・団体の広報活動
  • 国際広報
  • 企業と危機管理
  • 経営倫理とプロフェッショナリズム

2月26日(火) 講師:真部

模擬試験と解説

  • インベスターリレーションズ
  • エンプロイーリレーションズ
  • ネットPR


1次試験対応講座 (2012年7~8月)

講座内容

PRプランナー1次試験の合格に必要となる広報・PRの基礎知識習得を目的として、4回にわたって開講。より実践的な1次試験対策となるよう、過去の1次試験で出題された問題を使用した模擬試験を毎回実施し、その解答の解説を通じて1次試験に出やすいポイントの理解を深めます。試験の形式や解答法についても把握でき、1次試験の受験準備として最適です。

インターネットを利用した会場外からの受講、アーカイブによるオンライン再履修が行えるよう、ライブストリーミング「Watershed(ウォーターシェッド)」によるWeb受講サービスも提供いたします。本サービスにより、遠隔地に居住の方やご多忙な方は、自宅のPCなどから、ご自身の都合のよい時間に講座を聴講することができます。

日時

2012年7月24日(火)、31日(火)、8月7日(火)、21日(火)
※いずれも 19:00 ~ 21:30

会場

六本木アカデミーヒルズ49

講師

永井 昌代 氏 (株式会社プロペラ・コミュニケーションズ 代表取締役)

真部 一善 (公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会 事務局次長 教育研修・資格制度担当)

カリキュラム

7月24日(火) 講師:真部

模擬試験と解説

  • パブリックリレーションズの基本
  • 企業経営とパブリックリレーションズ
  • 広報・PRマネジメント

7月31日(火) 講師 :永井

模擬試験と解説

  • コミュニケーションとPR
  • メディアリレーションズ
  • マーケティングとPR

8月7日(火) 講師 :永井

模擬試験と解説

  • 行政・団体の広報活動
  • 国際広報
  • 企業と危機管理
  • 経営倫理とプロフェッショナリズム

8月21日(火) 講師:真部

模擬試験と解説

  • インベスターリレーションズ
  • エンプロイーリレーションズ
  • ネットPR


3次試験対応講座 (2012年12月~2013年1月)

講座内容

「PRプランナー資格認定・検定3次試験」の課題となるプレスリリースの作成法、広報・PR計画の立案作成法について、より高いレベルで集中的に習得する講座です。合格に向けた受験準備として最適です。

※講座当日の会場でのご参加が難しい地方在住の方、ご多忙な方のために、インターネットの利用により時間と場所を選ばない履修を行えるWeb受講サービスもご用意しております。なお、Web受講ではグループ演習にはご参加いただけませんので、個人で演習に取り組んでいただきます。

日時

1日目:2012年12月4日(火)
2日目:2012年12月11日(火)
3日目:2012年12月18日(火)
4日目:2013年1月8日(火)
5日目:2013年1月15日(火)
6日目:2013年1月22日(火)

※全6回、いずれも 19:00~21:30

会場

六本木アカデミーヒルズ49

カリキュラム・講師

12月4日(火) 講座 「合格するニュースリリースの作成法」
12月11日(火) 講座・演習 (問題をもとにグループでニュースリリースを作成)

(株)ミラ・ソル 代表取締役 田代 順 氏

12月18日(火) 講座 「広報・PR計画の立案作成(マーケティング)」
1月8日(火) 講座・演習 (問題をもとにグループで広報・PR計画を作成)

(株)インテグレート 第2統合ソリューション部 チーフプランナー 赤坂 幸正 氏

1月15日(火) 講座 「広報・PR計画の立案作成(コーポレート課題)」
1月22日(火) 講座・演習(問題をもとにグループで広報・PR計画を作成)

(株)電通パブリックリレーションズ コミュニケーションデザイン局 イシューリスクマネジメント部 シニアコンサルタント 岡本 純子 氏


3次試験対応講座 (2012年6~7月)

講座内容

「PRプランナー資格認定・検定3次試験」の課題となるプレスリリースの作成法、広報・PR計画の立案作成法について、より高いレベルで集中的に習得する講座です。合格に向けた受験準備として最適です。

※講座当日の会場でのご参加が難しい方向けに、WEBでの視聴もご用意しております。

日時

1日目:2012年6月6日(水)
2日目:2012年6月13日(水)
3日目:2012年6月20日(水)
4日目:2012年6月27日(水)
5日目:2012年7月4日(水)
6日目:2012年7月11日(水)

※全6回、いずれも 19:00~21:30

会場

六本木アカデミーヒルズ49

カリキュラム・講師

6月6日(水) 講座 「合格するニュースリリースの作成法」
6月13日(水) 講座・演習 (問題をもとにグループでニュースリリースを作成)

(株)ミラ・ソル 代表取締役 田代 順 氏

6月20日(水) 講座 「広報・PR計画の立案作成(マーケティング)」
6月27日(水) 講座・演習 (問題をもとにグループで広報・PR計画を作成)

(株)インテグレート 第2統合ソリューション部 チーフプランナー 赤坂 幸正 氏

7月4日(水) 講座 「広報・PR計画の立案作成(コーポレート課題)」
7月11日(水) 講座・演習(問題をもとにグループで広報・PR計画を作成)

(株)電通パブリックリレーションズ コミュニケーションデザイン局 イシューリスクマネジメント部 シニアコンサルタント 岡本 純子 氏