第26回 広報学校

恒例の「広報学校」を来る11月28日(木)・29日(金)の2日間に亘り、中央電気倶楽部にて開講する運びとなりました。
今回は、「企業の危機管理」をメインテーマに、充実した5講座で構成いたしました。
最近の様々なニュースでも企業の危機管理の難しさが指摘されています。またSNSの普及に伴いその優位性・重要性と併せて危険性も増加しています。問題が発生した場合、まずマスコミの矢面に立つのは広報部門であり、その対応次第で企業の社会的信用の失墜を招くこともありため、危機管理における広報・PRパーソンの果たす役割は重要度を増しております。
初日、第1講座は「ネット時代、広報パーソンに必要な法知識」のテーマでSNSの効果とリスクについて、第2講座は「SNSの活用方法」のテーマで、コミュニケーション・ツールとしてのSNSを使いこなすことの有用性について取り上げます。また第3講座は取材現場の記者からみた「こんな会社の広報事例」をテーマに成功・失敗の実際例を示していきます。2日目の第4講座は、建設工事現場所長として逮捕(不起訴)経験のあるビジネスマンが語る体験談「事件・事故も発生 その時会社は」のテーマで実施。第5講座は「テレビ報道からみた企業の危機管理」を中心に、講義と実践(不祥事発生・模擬記者会見)、質疑応答など4時間にわたるアラカルトで構成、2日間の講座を締めくくります。全講座終了後、参加者相互の交流・懇親会を開催いたします。


開催日時

2013年11月28日(木)29日(金) 2日間
1日目:午前10時(受付・登録)~午後5時10分(終了)
2日目:午前10時(受付)~午後5時(閉講挨拶終了後、懇親・交流会開催 午後6時40分終了)

開催場所

中央電気倶楽部
大阪市北区堂島浜2-1-25 電話06-6345-6351

第1日目 11月28日(木)・215号室
第2日目 11月29日(金)・213号室

アクセス

大阪駅より徒歩約12分、JR北新地駅より徒歩6分
地下鉄四ツ橋線西梅田駅より徒歩6分、京阪中之島線渡辺橋駅より徒歩5分

定員

30名(定員になりしだい締め切ります)

受講費

1名あたり、会員   2日間   30,000円 (1日20,000円)
        非会員  2日間   40,000円 (1日30,000円)

カリキュラム

第26回広報学校 カリキュラム

申込締切

11月22日(金)必着

受講申込

こちらから申込み書をダウンロードし、事務局・村田宛 FAXでお願いします。
FAX送付先:06-6344-3005

第26回広報学校 申込み書

備考

申込本人が都合で欠席の場合は、事前にご連絡いただくと代理出席できます。
受講料お支払い後、都合でキャンセルされる場合は、11月21日(木)17時までにご連絡いただければ全額返金します。
(前日は半額、当日キャンセルは全額いただきますのでご了承下さい)

★ 受講料支払い方法は、原則として銀行振込でお願いします。受講申込があり次第、請求書を送付いたします。
なお、当日会場にて現金支払いも可能です。当日領収書を発行いたします。

【銀行振込口座】
銀行名: みずほ銀行 堂島支店
口 座: 普通 1316922
名 義: (公社)日本パブリックリレーションズ協会

お問い合わせ

(公社)日本パブリックリレーションズ協会(略称 日本PR協会)
             関西支部事務局長  村田 貞博
             TEL:06-6344-3002
             FAX:06-6344-3005
             緊急連絡(携帯):090-3625-8466

※日本PR協会会員以外の方もお申込みいただけます。