2016年度広報基礎講座【関西部会主催】

「2016年度広報基礎講座」を7月22日(金)、大阪凌霜倶楽部にて開催すべく、ご案内申し上げます。今回の講座は昨年に続き、1日の日程と致しました。

午前の第1講座は、産経新聞大阪本社経済部の篠田丈晴次長を講師に、「デスクが語る本音~記者が喜ぶ記事、青ざめる記事」をテーマに開講します。日々、紙面づくりの第一線で指揮をとる「デスクの目線」で、特ダネ・特落ち、独自ネタへの対応や記者と広報担当者との在り方など、幅広い視点で語って頂きます。

午後の第2講座は、(株)電通パブリックリレーションズ・ストラテジックビジネス部の井澤佑美シニアコンサルタントが「PRの極意~語りたくなる情報コンテンツの作り方と流し方」をテーマに、メディアへの情報提供のノウハウを伝授いたします。

また、3講座は(株)TMオフィスの殿村美樹代表取締役が「ネット広報の活用」のテーマで、ネット広報の基礎(入門編)から応用(実践編)まで講義。パソコン、スマホの普及で今や企業にとって外すことのできないネット広報の活用とその威力、さらに怖さ(炎上)を体験を交えてお話ししていただきます。

講座の対象は広報経験1~3年の新任広報パーソンが中心ですが、キャリア4~6年の中堅・ベテラン担当者にも十分参考になる「密度の濃い」内容となっています。この機会に広報の基礎知識から実践~応用戦略を習得したい方、PRプランナーの受験希望者も是非受講されることをお勧めします。

終了後、懇親会を開催します。ご多忙と存じますが、こちらも是非ご出席ください。

開催日時

7月22日(金)
10:30~17:30 (受付 10:00)

 会場

大阪凌霜倶楽部(セミナールーム)
〒530-0001 大阪市北区梅田1-3-1 駅前第1ビル11F
TEL:06-6345-1150

カリキュラム

10:30~12:00 第1講座   産経新聞社編集局 経済部次長 篠田丈晴 氏
                   「デスクが語る本音~記者が喜ぶ記事、青ざめる記事」

12:00~13:00 ※昼食

13:00~15:00 第2講座   (株)電通PR シニアコンサルタント 井澤佑美 氏
                   「PRの極意~語りたくなる情報コンテンツの作り方と流し方」


15:10~17:30 第3講座   (株)TMオフィス 代表取締役 殿村美樹 氏
                   「ネット広報の活用~基礎から応用・実践まで」

講師プロフィール  ■  篠田 丈晴 氏(しのだ・たけはる)

 2001年  産経新聞社入社。神戸総局、社会部、総合編集部などを経て経済部次長。
 2007年  米国留学(~2008年)。
 連載企画「海峡を越えて 埋もれた日韓歌謡史」で2009年度の坂田記念ジャーナリズム賞受賞。

 
■  井澤 佑美 氏(いざわ・ゆみ)

 2003年 電通PR入社。メディアリレーションズ部で企業・団体へのプロモーションに従事。
 2011年 オウンドメディア「週刊? イザワの目」を立ち上げ、編集長に就任。内外の最新PR事例の解説特集や旬の人物に迫った      インタビューが人気を呼ぶ。
  編集者、ライター、PRプランナーとして活躍、東洋経済オンラインにも執筆中。

 
■  殿村 美樹 氏(とのむら・みき)

 1992年 PR専門の(株)TMオフィスを設立、代表取締役就任。
 2010年 PRアワード ソーシャルコミュニケーション部門最優秀賞受賞。
 地方のPR戦略で約2500件の実績を誇り、ネット戦略で「うどん県」「ひこにゃん」など多くのブームを生みだす。政府の「地方創生」 ブレーン、内閣官房「ふるさとづくり有識者会議」委員、関西大学社会学部「広報論」講師。

会費 ・ 会員:15,000円(税込)
・ 
非会員:22,000円(税込)

 ※ 参加費には昼食代、懇親会費、消費税を含みます
  なお、当日キャンセルの場合は参加費を徴収させていただきます

定員

20名

 申込み方法

こちらから申込み書をダウンロードし、事務局・村田宛 FAXでお願いします。 


         

2016年度広報基礎講座 申込みフォーム

※日本PR協会会員以外の方もお申込みいただけます。 

その他

※ 当日キャンセルに関しましては規定の料金を頂戴いたします

※ 懇親会は午後5時半~7時。会場は大阪凌霜倶楽部「サロン」です

申込み受付期間

7月15日(金)までに 関西事務局・村田宛 FAXでお願いします。

FAX:06-6344-3005
TEL:06-6344-3002
e-mail: murata@prsj.or.jp

※当定例会は、日本PR協会会員以外の方もお申込みできます。