第223回定例会

第223回定例会は、毎日新聞社編集局兼広告局編集委員の藤原規洋氏を講師にお招きし、「広告は記事を抑えられるか」をテーマにお話を伺います。藤原氏は昭和54年、神戸大学卒後、毎日新聞入社。社会部・奈良支局長などを経て平成17年経済部長、その後論説委員、編集局次長から代表室局長待遇、今年4月から現職にあります。
広報担当者にとって、自社のグッドニュースをメディアに如何に取り上げてもらうかは腕の見せ所ですが、逆にマイナスのニュースを如何に抑えるかも悩ましいテーマです。このため広告局(営業局)を通じてアプローチするケースも散見されますが、はたしてそれは可能なのか? 藤原氏は編集の第一線を熟知、現在は広告スタッフの立場からも紙面づくりに関与されています。学生時代は応援団の団長、骨太の取材は記者時代でも有名でした。今回はこの難しいテーマについてズバッと切り込んでいただけると期待でき、広報・CSR担当者には聞き逃せない講座になると思います。
なお、定例会終了後、会場を303号室に移し、講師を交えた懇親会を開催します。こちらも是非ご出席ください。

 

開催日時

2013年5月23日(木)16:00~17:30

開催場所

中央電気倶楽部 215号室 (懇親会場は303号室)
大阪市北区堂島浜2丁目1-25 TEL 06-6345-6351

アクセス

大阪駅より徒歩約12分、JR北新地駅より徒歩6分
地下鉄四ツ橋線西梅田駅より徒歩6分、京阪中之島線渡辺橋駅より徒歩5分

講 師

毎日新聞社編集局局長編集委員兼営業局 藤原規洋 氏

テーマ

「広告は記事を抑えられるか」

申込み方法

こちらから申込み書をダウンロードし、事務局・村田宛 FAXでお願いします。

第223回定例会申込書 ※日本PR協会会員以外の方もお申込みいただけま

申込み受付期間

5月17日(金)
FAX  06-6344-3005
TEL 06-6344-3002 e-mail: murata@prsj.or.jp