第229回定例会

第229回定例会は、読売新聞大阪本社の吉川英治専門委員(役員室メディア担当兼編集局写真部)をお招きして、話を伺います。吉川氏は1978年、大阪芸術大学(写真学科報道ゼミ専攻)卒業後、入社。京都総局等を経て写真部筆頭次長、その後メディア戦略室ではクロスメディア企画、QR動画、アーカイブDB等を担当され、現在に至っています。
第一線のカメラマン時代は、グリコ森永事件、長崎・雲仙普賢岳火砕流災害、阪神大震災など数々の事件事故を取材。また1988年の韓国、台湾を皮切りにブータン、ネパール、中国雲南省、ミャンマー等の秘境取材など海外経験も豊富で、96年のアトランタ五輪取材で関西写真記者協会賞(スポーツ部門賞)を受賞。「日本現代写真史」(日本写真家協会編)で戦後写真史の作品・写真家に選出され、2011年に同協会員に登録されています。
ご承知の通り、新聞には写真のない紙面は1ページもなく(株式欄などは例外)、一葉の写真が100行の記事以上の訴求力を発揮する事例が多くあります。記者会見一つ取ってもどの「アングル」「切り口」で撮るか、カメラマンのセンスと手腕に左右されます。この点は新製品など提供写真も同様です。最近では報道現場で「撮る」だけでなく「記事も書く」写真記者の比重が高まっており、その意味で経験豊かな吉川氏のお話を伺うことは意義あると考えます。
なお定例会終了後、懇親会を予定しています。こちらも是非ご出席ください。

 

開催日時 3月27日(木)午後4時~5時半
開催場所 中央電気倶楽部215号室
大阪市北区堂島浜2-1-25  TEL:06-6345-6351
講 師 吉川英治・読売新聞大阪本社役員室メディア担当・専門委員
テーマ 「報道写真の現場」
会 費 会員無料 非会員4,000円 懇親会費用は会員・非会員共に4,000円※なお、当日キャンセルの場合は懇親会費を徴収させていただきますのでご了承下さい。                                             
申込み方法 こちらから申込み書をダウンロードし、事務局・村田宛 FAXでお願いします。

第229回定例会申込書

※日本PR協会会員以外の方もお申込みいただけます。 
FAX:06-6344-3005
申込み受付期間    3月13日(木) 
お問い合わせ (公社)日本パブリックリレーションズ協会  事務局  村田TEL:06-6344-3002 FAX:06-6344-3005

e-mail: murata@prsj.or.jp