第230回定例会

第230回定例会は、立命館大学フェローの加地伸行先生(伝統芸能保持者=漢文)をお招きして、「中国とのこれから」をテーマに話を伺います。
習近平体制が2年目に入った中国は3月開催の全人代で7.5%成長を掲げ、経済大国の道を驀進しています。一方で共産党幹部の腐敗・汚職、PM2.5 に代表される環境問題など数々の課題も抱えています。対日関係では歴史認識、尖閣諸島問題や防空識別圏の設定など強硬な姿勢を崩しておらず、安倍首相との首脳会談も実現していません。日中関係は一衣帯水の間柄ですが、この“厄介な隣国”とこれからどう向き合っていくのか。
加地先生は京都大学・大学院(中国哲学史専攻)修了後、名古屋大学助教授、大阪大学教授などを歴任、中国論理学研究で博士号を取得されています。「儒教とは何か」「日本と中国・永遠の誤解―異母文化の衝突」など著書も多数あり、半世紀余にわたる中国研究の大家です。産経新聞「正論」執筆メンバーで、2008年に第24回正論大賞を受賞。保守派の論客として知られており、鋭い舌鋒は定評があります。日中関係の先行きが不透明な今日、中国問題に造詣の深い加地先生のお話を伺うことは意義あると考えます。
なお定例会終了後、懇親会を予定しています。こちらも是非ご出席ください。

 

開催日時 4月24日(木))午後4時~5時半                                                                                                                    
開催場所 中央電気倶楽部214号室 大阪市北区堂島浜2-1-25  TEL:06-6345-6351
講 師 加地伸行・立命館大学フェロー(伝統芸能保持者=漢文)
テーマ 「中国とのこれから」
会 費

会員:無料                                                                       
非会員:4,000円
学生の定例会参加者は「学割」(2000円)と致します

懇親会費用は会員・非会員・学生共に4000円(消費税を含む)
※なお、当日キャンセルの場合は懇親会費を徴収させていただきます
※懇親会場は中央電気倶楽部「303号室」です

                                  

申込み方法

こちらから申込み書をダウンロードし、事務局・村田宛 FAXでお願いします。
第230回定例会申込書
※日本PR協会会員以外の方もお申込みいただけます。 
FAX:06-6344-3005

申込み受付期間     4月17日(木) 締切
お問い合わせ (公社)日本パブリックリレーションズ協会  事務局  村田TEL:06-6344-3002 FAX:06-6344-3005

e-mail: murata@prsj.or.jp