第259回定例会と忘年懇親会

今年を締めくくる年末定例会は、中国問題に精通している評論家、石平氏を講師にお迎えして、『習近平体制と今後の日中、米中関係』をテーマにお話を伺います。
中国は10月開催の共産党大会で2期目に入った習近平総書記(国家主席)の「一強体制」が明らかになりました。権力基盤を固め「中華民族の偉大な復興」を目指す習総書記が今後、どのような政策を展開するのか―。折しもトランプ米大統が初めて訪中、首脳会談を行いましたが、今後の米中、日中関係はもとより北朝鮮問題も注目されます。  
石平氏は中国・四川省成都市出身で、84年に北京大学哲学部卒業。88年に日本留学、95年、神戸大学大学院文化学研究科・博士課程修了。天安門事件を契機に中国との精神的決別を決意し、2002年に論壇デビュー。オピニオン誌「正論」「Voice」「WiLL」などの執筆、フジテレビ、読売テレビなどの番組出演で、鋭い中国分析と論評は定評があります。著書『私はなぜ「中国」を捨てたか』は10万部突破のベストセラーとなり、「なぜ中国を離れると日本はうまくいくか」で第23回山本七平賞を受賞するなど著書多数。新たな年を前に濃密な話が拝聴できるものと期待しており、出席下さいますようご案内申し上げます。

なお、定例会終了後、忘年会を兼ねた懇親会を開催致します。

開催日時

12月13日(水) 17時~18時30分
(終了後懇親会)

開催場所

大阪凌霜クラブ・セミナールーム(講演)・サロン(懇親会)
大阪市北区梅田1-3-1
(大阪駅前第1ビル11F  ☎ 06-6345-1150)

テーマ 「習近平体制と今後の日中、米中関係」
講師 評論家 石 平(せき・へい)氏
会費 会員 : 無料
非会員 : 2,000円


交流会費用は会員・非会員共に5,000円 
 申込み方法

こちらから申込み書をダウンロードし、事務局・村田宛 FAXでお願いします。 

 

 

 

※日本PR協会会員以外の方もお申込みいただけます。

その他

※忘年会には楽しい「イベント」を企画しています。貴社の商品などで、ご寄贈いただける逸品がございましたら、お持ちよりをお願いします。(ゲームの賞品に充当します。事前にお知らせいただければ幸いです)。世間の憂さを忘れて、楽しい一夜を過ごしたく、皆様のご参加をおまちしています。
※商品の送付先
 〒530-0001 大阪市北区梅田1-3-1 大阪凌霜クラブ(気付)へお願いします。

※ 当日キャンセルの場合は参加費を徴収させていただきます。

申込み受付期間 12月7日(木)までに 関西事務局・村田宛 FAXでお願いします。
FAX:06-6344-3005
TEL:06-6344-3002
e-mail: murata@prsj.or.jp

※当定例会は、日本PR協会会員以外の方もお申込みできます。

年内の定例会・広報学校の案内
※広報学校 : 11月15日(水)~16日(木)
  テーマ : 「危機管理の徹底研究」
※第259回定例会 : 12月13日(水)
講師 : 石平氏
テーマ : 「習近平の中国~今後の日中、米中関係」(仮題) 

◆案内は追ってお送りいたします。ご予定下さい。