第139回 定例研究会

“30分 1テーマ”で時代を先読みする「クローズアップ現代」
-変化の予兆を掴み取る広報・PRの視点を如何に築くか-

4月の第139回定例研究会では、月曜日から木曜日まで毎週4日、夜7時30分よりNHK総合テレビで放送されている報道番組「クローズアップ現代」の細田美和子チーフプロデューサーをお招きします。

「クローズアップ現代」は、暮らしから、政治、経済、社会、国際情勢、スポーツなど多彩な話題を取り上げ、ジャーナリズムの原点を堅持した調査報道の視座から深層にスポットライトをあてる情報番組です。放送開始から約19年、すでに3100回以上にわたって”現代”に何が起きているかを“30分1テーマ”で伝え、冷静な分析に基づく世論喚起の起点として視聴者の注目を集めてきました。
特に広報・PR関係者にも、時代を先読みし変化の予兆を掴みとる新鮮な視点を提供し続けています。
今回の研究会では、「クローズアップ現代」制作におけるテーマ選定や問題の深層へのアプローチ、取材活動の実際等についてお話をうかがいます。
また、企業広報との関わりや広報担当者への期待など、広報・PRの関係者に対する忌憚のないアドバイスもいただきます。

皆さまのふるってのご参加をお待ちします。

 

開催日時

2012年4月27日(金)

□開場・昼食11:45~12:20 □講演・質疑応答・名刺交換 12:20~14:00

会場

日本外国特派員協会(FCCJ)
東京都千代田区有楽町1丁目7番地1 有楽町電気ビル北館20階
http://www.fccj.or.jp/japanese/access
※3月の定例研究会の会場とは異なりますので、ご注意ください。

講師

NHK 制作局経済社会情報局「クローズアップ現代」特集班

チーフプロデューサー 細田 美和子 氏

テーマ

“30分 1テーマ”で時代を先読みする「クローズアップ現代
-変化の予兆を掴み取る広報・PRの視点を如何に築くか-

会費

4,000円(昼食代込み)    ※当日申し受けます。

定員

70名(席数が限られていますので、お早めにお申込みください)

※法人正会員・個人正会員Aは、会員様1名につき他1名の計2名まで、
法人登録会員・個人賛助会員Aはご本人または代理の方のみ、
個人正会員B・特別会員・個人賛助会員B及びCはご本人のみのご参加可。

申込み締め切り

4月24日(火)

※準備の都合上キャンセルは4月25日(水)正午までにメールでお願いいたします。
それ以降のキャンセル、およびご連絡がないキャンセルの場合は、 後日会費を請求させていただきますので、予めご了承ください。

お申込み

定員となりましたので、締め切らせていただきました。

先着順にキャンセル待ちを受け付けております。
キャンセルをご希望の方は、こちらのフォームより、キャンセル待ちの旨ご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。

記入例(問い合わせ記載欄)
「第139回 定例研究会 キャンセル待ち希望」

※お電話によるキャンセル待ちは受付ておりませんので、予めご了承ください。
※キャンセル待ちをお申し込みいただいても、キャンセルの発生しだいでは受講できませんので、予めご了承ください。
※キャンセルが発生しだい受付順にご案内させていただきます。また、キャンセルにお申込みいただいた方には、講座前日までに、キャンセル状況・受講のご連絡をさせていただきます。

※日本PR協会会員限定のセミナーとなります。

お問い合わせ

(公社)日本パブリックリレーションズ協会    TEL:03-5413-6760

備考

受講確認のご連絡は満員時を除き差し上げませんのでご了承ください。
撮影・録音はご遠慮ください。
会場の都合により予定が変更になる場合がございますので、予めご了承ください。

 

(公社)日本パブリックリレーションズ協会 教育委員会