第143回 定例研究会

「メディアの黒子」の活用法
—新聞、テレビからネットまでメディア全てをカバーする通信社の実力を学ぶ—

10月の第143回定例研究会は、共同通信社 論説委員兼編集委員の谷口 学氏をお招きし、『「メディアの黒子」の活用法~新聞、テレビからネットまでメディア全てをカバーする通信社の実力を学ぶ』をテーマとして開催いたします。

全国紙に劣らぬ強力な取材網を有しスクープ報道を重ねながらも、自社媒体を持たぬゆえ「黒子」のように目立つことの少ない通信社。しかし日々発生する膨大なニュースを絶え間なく配信する通信社の活動は、新聞、テレビをはじめとする全国のメディア報道を支える大事な役割を果たしています。そしてニュースの「卸問屋」ともいえる通信社に向けた広報活動は、広報担当者にとって重要な課題に他なりません。

今回の研究会では、通信社としてグローバルに事業展開する共同通信社の谷口氏より、同社の体制や歴史、日々の取材や編集等の活動、新聞社の業務との相違、ネット時代に対応して進化する通信社の現状などをご解説いただき、企業広報やPR会社が「メディアの黒子」ともいえる通信社を対象にいかに広報活動を進めるべきか研究する機会といたします。また、企業広報やPR会社への期待や通信社との付き合い方などのアドバイス、さらに広報に携わる人々に対する忌憚のないご意見をうかがいます。

本研究会への皆さまのふるってのご参加をお待ち申し上げます。

 

開催日時

2012年 10月26日(金)

開場・昼食 11:45~12:20 / 講演・質疑応答・名刺交換 12:20~14:00

会場

日本外国特派員協会(FCCJ)
東京都千代田区有楽町1丁目7番地1 有楽町電気ビル北館20階

http://www.fccj.or.jp/japanese/access

講師

一般社団法人 共同通信社 論説委員兼編集委員 谷口 学 氏

テーマ

『メディアの黒子』の活用法~新聞、テレビからネットまでメディア全てをカバーする通信社の実力を学ぶ~

会費

4,000円(昼食代込み) ※当日、受付にて申し受けます

定員

70名(定員になり次第締め切りますので、お早目にお申込みください)
※法人正会員・個人正会員Aは、会員様1名につき他1名の計2名まで、
法人登録会員・個人賛助会員Aはご本人または代理の方のみ、
個人正会員B・特別会員・個人賛助会員B及びCはご本人のみのご参加可。

お申込み締め切り日

定員となりましたので、締め切らせていただきました。

※準備の都合上、申込のキャンセルは10月24日(水)12:00までにお願いいたします。
それ以降のキャンセルおよびご連絡がないキャンセルの場合は、会費を請求させて いただきますので、あらかじめご了承ください。

お申込み方法

こちらのお申込みフォームよりお願いいたします。

※日本PR協会会員限定のセミナーです。

お問い合わせ

(公社)日本パブリックリレーションズ協会 TEL:03-5413-6760  Mail: mail@prsj.or.jp

備考

  • 受講確認のご連絡は満員時を除き差し上げませんのでご了承ください。

  • 撮影・録音はご遠慮ください。

  • 会場の都合により予定が変更になる場合がございますので、予めご了承ください。

 

(公社)日本パブリックリレーションズ協会 教育委員会