第153回定例研究会

紙面とデジタルの融合を目指す毎日新聞の新展開

~12月大刷新にみる毎日新聞社の次世代戦略を探る~

インターネットを基盤としたデジタルメディアの普及は長年の伝統を持つメディアの世界に大きな影響を与え、激変させようとしています。従来メディアの代表ともいえる新聞も例外ではなく、世界的に進行するメディア環境の地殻変動に向けた新たな対応が迫られています。150年を超える歴史と伝統を誇り、多数の読者に親しまれている毎日新聞。新時代の読者ニーズに応えるトータルなメディアとしての発展に向け、紙面とデジタルにわたる大刷新が12月より行われています。

今回の研究会でご登壇いただく毎日新聞社 東京本社編集編成局長の小川 一 氏は、紙面とデジタル両面における編集の総責任者として毎日新聞の新展開を統括されており、ご講演では、Webやデータベースの技術をフル活用し紙面とデジタルを融合したトータルな次世代メディアを目指す毎日新聞の新展開、これからの編集方針や編集・制作体制など新たな戦略の全貌をご解説いただきます。また、次世代メディアの時代における広報・PRパーソンへの期待や要望など、忌憚のないお考えを伺います。

デジタル化の潮流において新たなメディアをめざす新聞の未来を展望するこの定例研究会。 皆さまふるってのご参加をお待ちします。


開催日時

2013年 12月4日(水)

開場・昼食 11:45~12:20 / 講演・質疑応答・名刺交換 12:20~14:00

会場

日本外国特派員協会(FCCJ)

東京都千代田区有楽町1丁目7番地1 有楽町電気ビル北館20階

講師

毎日新聞社 執行役員 東京本社編集編成局長 小川 一 氏

テーマ

紙面とデジタルの融合を目指す毎日新聞の新展開

~12月大刷新にみる毎日新聞社の次世代戦略を探る~

会費

4,000円(昼食代込み) ※当日、受付にて申し受けます

定員

70名(定員になり次第締め切りますので、お早目にお申込みください)

※法人正会員・個人正会員Aは、会員様1名につき他1名の計2名まで、法人登録会員・個人賛助会員Aはご本人または代理の方のみ、 個人正会員B・特別会員・個人賛助会員B及びCはご本人のみのご参加可。

お申込み締め切り日

12月2日(月)

※準備の都合上、お申込み後の参加キャンセルのご連絡は、12月2日(月)17:00までにお願いいたします。

それ以降のキャンセル及びキャンセルのお手続きのないままご欠席された場合は、後日キャンセルフィーとして会費分(4,000円)を請求させて いただきます。あらかじめご了承ください

お申込み方法

終了しました。多数の会員の皆様にご聴講いただき、厚くお礼申し上げます。

※日本PR協会会員限定のセミナーです。協会会員外の方は、お申込みいただけません。

お問い合わせ

(公社)日本パブリックリレーションズ協会 TEL:03-5413-6760  Mail: mail@prsj.or.jp

備考

  • ホームページよりのお申込みにご協力をお願いいたします。

  • 受付の確認は自動返信メールにてご連絡させていただきます。このメールは「受講証」となりますので、プリントアウトして受付にて提示をお願いします。

  • 会場における撮影・録音はご遠慮ください。

  • 講師の緊急な都合により予定が変更になる場合は、ご了承ください。

(公社)日本パブリックリレーションズ協会 教育委員会