第162回定例研究会

『週刊東洋経済』が取組む3つのチャレンジ

~ 日本の経済社会をリードする総合経済誌の新展開 ~ 

1895年の創刊以降120年に及ぶ歴史を誇る総合経済誌『週刊東洋経済』。「健全なる経済社会を先導する」という理念のもと、公益・公共を重視する中立的な立場から信頼度の高い情報を発信し、日本の経済社会をリードしてきました。100名にも及ぶ記者・ 編集者が業種別に担当し、経済系新聞社に劣らぬ強力な取材力は総合的で幅広い視点に基づく多面的な分析を可能とし、読者の支持を集めています。

 

今、『週刊東洋経済』の編集をディレクションするのは髙橋由里編集長。激変するメディア環境においても読まれ続ける総合経済誌として、他誌とは一線を画す取組みを進めています。髙橋編集長が語る3つのチャレンジ。”それは、「人と人との交差点を作ること」、「時代と挌闘すること」、 そして「過去に学ぶこと」。ユニークな3つの視点から執筆・編集のプロフェッショナル集団を指揮し、誌面を通じて時代を生きるビジネスパーソンの頭脳に浮かぶ「なぜ?」に的確なヒントを提供します。

 

今回の研究会では、髙橋編集長に『週刊東洋経済』の編集方針や編集部の体制、毎号どのように作られるのか、編集部とのコミュニケーションの進め方、デジタル化が進むメディア環境におけるこれからの雑誌のあり方等に関しお話しいただきます。また、企業や広報・PRパーソンへの提言、期待など、編集長としての率直なお考えを伺います。

これからの総合経済誌の展開を探る本研究会。皆さまふるってのご参加をお待ちします。

 

開催日時

2015年2月26日(木)      開場・昼食 11:45~12:20 / 講演・質疑応答・名刺交換 12:20~14:00

会    場

日本外国特派員協会(FCCJ)

東京都千代田区有楽町1丁目7番地1 有楽町電気ビル北館20階

http://www.fccj.or.jp/about/2014-10-16-03-04-20.html

講    師

株式会社東洋経済新報社 『週刊東洋経済』編集長 髙橋由里氏

テーマ

「『週刊東洋経済』が取組む3つのチャレンジ

~日本の経済社会をリードする総合経済誌の新展開~」

会    費

4,000円 (昼食代込み) 
※当日、受付にて申し受けます

定    員

70名 (定員になり次第締め切りますので、お早目にお申込みください)

※ 法人正会員・個人正会員Aは、会員様1名につき他1名の計2名まで、法人登録会員・個人賛助会員Aはご本人または代理の方のみ、 個人正会員B・特別会員・個人賛助会員B及びCはご本人のみのご参加可。

お申込み締め切り日

2月23日(月) 

※準備の都合上、お申込み後の参加キャンセルのご連絡は、2月24日(火)12:00までにお願いいたします。それ以降のキャンセル及びキャンセルのお手続きのないままご欠席された場合は、後日キャンセルフィーとして会費分(4,000円)を請求させて いただきます。あらかじめご了承ください。

お申込み方法

聴講ご希望の方は、こちらのページのフォームに必要事項を記入の上、お申込みください。

※日本PR協会会員限定のセミナーです。協会会員外の方は、お申込みいただけません。

お問い合わせ

(公社)日本パブリックリレーションズ協会 TEL:03-5413-6760   Mail: mail@prsj.or.jp

備    考

  • ホームページよりのお申込みにご協力をお願いいたします。

  • 受付の確認は自動返信メールにてご連絡させていただきます。このメールは「受講証」となりますので、プリントアウトして受付にて提示をお願いします。

  • 会場における撮影・録音はご遠慮ください。

  • 講師の緊急な都合により予定が変更になる場合は、ご了承ください。

(公社)日本パブリックリレーションズ協会 教育委員会