第165回定例研究会

日本経済新聞社の企業取材の体制と報道 
~野澤企業報道部長が部員に託していること 

 日本経済新聞社編集局における産業部と消費産業部が統合され、企業報道部として発足してから1年。様々な製品やサービスが業種の垣根を超えて融合を深める時代の変化を背景に、記者による日々の取材を通じて製造や流通をはじめとする幅広い分野を総合的にカバーする紙面作りが行われています。

今回、日本経済新聞社編集局企業報道部長の野澤正憲氏をお招きし、下記にて定例研究会を開催します。研究会では、企業報道部の体制や取材方針、また日経本紙、日経産業新聞や日経MJはそれぞれどのような編集方針のもとにニュースを取り上げているのか、部長として現場の記者にはどのような思いを託しているのかなどについてもお伺いする予定です。 また、企業の広報担当者に求めること、期待することなどについても、忌憚のないご意見、アドバイスをうかがうほか、皆様からのご質問にもお答えいただきます。

 企業広報の担当者にとっては、日本経済新聞は最重要メディアのひとつ。企業報道部の体制や編集・取材方針を知る貴重な機会です。皆さまふるってのご参加をお待ちします。

 

開催日時

2015年5月20日(水)     

開場・昼食 11:45~12:20 / 講演・質疑応答・名刺交換 12:20~14:00

会    場

六本木アカデミーヒルズ49 「カンファレンスルーム」

  東京都六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階

講    師

日本経済新聞社東京本社 編集局企業報道部部長 野澤正憲 氏 

テーマ

「日本経済新聞社の企業取材の体制と報道 

  ~野澤企業報道部長が部員に託していること~」

会    費

4,000円 (昼食代込み) 
※当日、受付にて申し受けます

定    員

68名 (定員になり次第締め切りますので、お早目にお申込みください)

※ 法人正会員・個人正会員Aは、会員様1名につき他1名の計2名まで、法人登録会員・個人賛助会員Aはご本人または代理の方のみ、 個人正会員B・特別会員・個人賛助会員B及びPRプランナー会員はご本人のみのご参加可。

お申込み締め切り日

5月18日(月) 12:00

※準備の都合上、お申込み後の参加キャンセルのご連絡は、5月18日(月)16:00までにお願いいたします。それ以降のキャンセルの場合、キャンセルのお手続きのないままご欠席された場合は、後日キャンセルフィーとして会費分(4,000円)を請求させて いただきます。あらかじめご了承ください。

お申込み方法

 満席につき受付を終了しました

なお、キャンセル待ちの上、聴講ご希望の方は  こちらのページ のフォームにて受付けいたします。”第165回定例研究会のキャンセル待ち希望”である旨、フォームに明記の上、ご連絡ください。キャンセルが発生しましたら、受付順にご案内させていただきます。

※日本PR協会会員限定のセミナーです。協会会員外の方は、お申込みいただけません。

お問い合わせ

(公社)日本パブリックリレーションズ協会 TEL:03-5413-6760   Mail: mail@prsj.or.jp

備    考

  • ホームページよりのお申込みにご協力をお願いいたします。

  • 受付の確認は自動返信メールにてご連絡させていただきます。このメールはお申込みの受付を確認する「受講証」となりますので、プリントアウトして当日は会場までご持参ください。

  • 会場における撮影・録音はご遠慮ください。

  • 講師の緊急な都合により予定が変更になる場合は、ご了承ください。

(公社)日本パブリックリレーションズ協会 教育委員会