第167回定例研究会

「カンヌライオンズ2015」にみるこれからのPR

~PRの世界的潮流と日本におけるPRの課題 ~ 

 

陽光溢れる地中海に面しスターやセレブが世界中から訪れるフランス南部のリゾート地カンヌ。今年も6月21日より世界最大級のクリエイティブの祭典「カンヌライオンズ」(「カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル2015」)が開催され、世界から1万3000人の人々を集めています。創設7年目を迎えたPR部門の審査には過去最高となる1,969作品がエントリーされ、世界各国から選抜された審査員により優れた作品を選定する熱い議論が繰り広げられました。

 

PR部門において作品を審査する重要クライテリア(審査基準)は、「クリエイティビティ」と「ビヘイビアチェンジ(態度変容)」。さらに今年はPRの本質的な価値ともいえる「オーセンティシティ(正当性)」と「トラスト(信頼)」が重視されたとのこと。「グランプリ」や「ゴールド」など輝かしい栄冠に輝いた作品を通じて、PRが向かうこれからの方向が示されています。

 

第167回定例研究会では、今回の「カンヌライオンズ」でPR部門の審査員を務めた株式会社博報堂ケトル代表の嶋浩一郎氏を講師に招き、今年の「カンヌライオンズ」における審査の概要やエントリー作品の傾向、受賞作品に関する評価のポイントをご解説いただくとともに、PRの世界的な潮流についてお考えをうかがいます。さらに、日本におけるPRの課題を掘り下げ、これからの発展に向けた忌憚のないご提言をいただきます。

 PRの最新動向を展望する今回の定例研究会。皆様ふるってのご参加をお待ちします。

 

開催日時

2015年8月24日(月)      開場・昼食 11:45~12:20 / 講演・質疑応答・名刺交換 12:20~14:00

会    場

六本木アカデミーヒルズ 「カンファレンスルーム」

東京都六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階

講    師

株式会社博報堂ケトル  代表取締役社長 CEO  嶋 浩一郎氏

テーマ

「カンヌライオンズ2015」にみるこれからのPR

 ~PRの世界的潮流と日本におけるPRの課題~

会    費

4,000円 (昼食代込み) 
※当日、受付にて申し受けます

定    員

64名 (定員になり次第締め切りますので、お早目にお申込みください)

※ 法人正会員・個人正会員Aは、会員様1名につき他1名の計2名まで、法人登録会員・個人賛助会員Aはご本人または代理の方のみ、 個人正会員B・特別会員・個人賛助会員B及びCはご本人のみのご参加可。

お申込み締め切り日

8月20日(木) 17:00

※準備の都合上、お申込み後の参加キャンセルのご連絡は、8月20日(木) 12:00までにお願いいたします。それ以降のキャンセル及びキャンセルのお手続きのないままご欠席された場合は、後日キャンセルフィーとして会費分(4,000円)を請求させて いただきます。あらかじめご了承ください。

お申込み方法

聴講の受付を終了しました。

※日本PR協会会員限定のセミナーです。協会会員外の方は、お申込みいただけません。

お問い合わせ

(公社)日本パブリックリレーションズ協会 TEL:03-5413-6760   Mail: mail@prsj.or.jp

備    考

  • ホームページよりのお申込みにご協力をお願いいたします。

  • 受付の確認は自動返信メールにてご連絡させていただきます。このメールは「受講証」となりますので、プリントアウトして受付にて提示をお願いします。

  • 会場における撮影・録音はご遠慮ください。

  • 講師の緊急な都合により予定が変更になる場合は、ご了承ください。

(公社)日本パブリックリレーションズ協会 教育委員会