第169回定例研究会

『Nikkei Asian Review』にみる日本経済新聞社のメディア戦略
   ~グローバル化とデジタル化に邁進する日経の新展開 ~ 

 

近年、成長著しいアジアのマーケット。日本経済は、アジアの成長と密接不可分な互恵関係にあると言っても過言ではありません。日本経済新聞社ではこのアジア経済圏の”今”にフォーカスし、強力な取材力を基盤に日本を含めた各国・地域の政策、経済、マーケット、企業動向などを深掘りして分析記事を提供する英文メディア『Nikkei Asian Review(ニッケイ・アジアン・レビュー)』を発行しています。

創刊に際しては現地記者を新たに採用するなどアジア各国の事情に密着した取材ネットワークを構築し、パソコン、スマホ、タブレットPCなどのデジタルデバイスと印刷物による利用を融合した総合的な英文メディアとして、独自記事や日経記事の英訳、アジアの主要企業を選び重点的にカバーするASEAN 100/India40、動画ニュースをはじめとする豊富なコンテンツにより、進化するアジアの”今”を伝えています。

 

今回の定例研究会では、「Nikkei Asian Review」の藤井彰夫編集長をお招きし、デジタルとプリント版を統合する日本経済新聞社のメディア戦略、取材体制のグローバル化を踏まえたNikkei Asian Review編集の方針や体制、今後の展開についてお話しいただきます。また、アジアに進出している日本企業の広報活動の現状や問題点などについて、忌憚のないご意見をいただきます。

日経の新たなメディア展開を探る本研究会。会員の皆さまのふるってのご参加をお待ちします。

 

開催日時

2015年10月21日(水)      開場・昼食 11:45~12:20/講演・質疑応答・名刺交換 12:20~14:00

会    場

日本記者クラブ 「会見場」

東京都千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル9階

講    師

日本経済新聞社 編集局次長 兼 『Nikkei Asian Review』 編集長  藤井彰夫 氏

テーマ

「『Nikkei Asian Review』にみる日本経済新聞社のメディア戦略

  ~グローバル化とデジタル化に邁進する日経の新展開 ~」

会    費

4,000円 (昼食代込み) 
※当日、受付にて申し受けます

定    員

60 名 (定員になり次第締め切りますので、お早目にお申込みください)

※ 法人正会員・個人正会員Aは、会員様1名につき他1名の計2名まで、法人登録会員・個人賛助会員Aはご本人または代理の方のみ、 個人正会員B、特別会員・個人賛助会員B、PRプランナー会員はご本人のみのご参加可。

お申込み締切日時

10月16日(金) 17:00

※準備の都合上、お申込み後の参加キャンセルのご連絡は、10月19日(月) 12:00までにお願いいたします。それ以降のキャンセル及びキャンセルのお手続きのないままご欠席された場合は、後日キャンセルフィーとして会費分(4,000円)を請求させて いただきます。あらかじめご了承ください。

お申込み方法

終了しました

※日本PR協会会員限定のセミナーです。

お問い合わせ

(公社)日本パブリックリレーションズ協会 TEL:03-5413-6760   Mail: mail@prsj.or.jp

備    考

  • ホームページよりのお申込みにご協力をお願いいたします。

  • 受付の確認は自動返信メールにてご連絡させていただきます。このメールは「受講証」となりますので、プリントアウトして受付にて提示をお願いします。

  • 会場における撮影・録音はご遠慮ください。

  • 講師の緊急な都合により予定が変更になる場合は、ご了承ください。

(公社)日本パブリックリレーションズ協会 教育委員会