第175回定例研究会

スクープ街道を驀進する『週刊文春』の取材と編集 
~隠された真実に切り込む週刊誌の調査報道~ 

 

大臣を辞任に追い込んだ金銭授受疑惑や現役プロ選手による野球賭博、報道番組で知られた経営コンサルタントの経歴詐称問題をはじめ数々の話題記事を掲載し、一騎当千の勢いでスクープ街道を驀進する『週刊文春』。社会の闇に隠された真実に切り込み、人々に伝える同誌の独走は、今や他誌の追随を許しません。そのスクープの源となる調査報道には、如何なる秘訣がこめられているのか? 今や広報関係者のみならず情報にかかわる多くの人々から高い関心を集めています。

 

今回の定例研究会では、スクープを連発する『週刊文春』編集長の新谷 学氏をお招きし、編集長として現場記者に託した取材方針、訴訟のリスクを抱えながらも果敢に進める調査報道の考え方、編集部の体制や編集スケジュールなど同誌の現状とともに、近年のメディア環境の変化に向けたデジタル化の取組みなどについてご紹介いただきます。また企業取材についての考えや取材で求めることなど、広報担当者に向けた週刊誌編集部からのアドバイスもうかがいます。

スクープを追う週刊誌の考え方や取材活動を探る本研究会。 皆様のご参加をお待ちします。

 

開催日時

2016年6月24日(金)      開場・昼食 11:45~12:20/講演・質疑応答・名刺交換 12:20~14:00

会    場

日本外国特派員協会 (FCCJ)  

東京都千代田区有楽町1-7-1  有楽町電気ビル北館 20F

講    師

株式会社文藝春秋 『週刊文春』編集長  新谷 学 氏

テーマ

「スクープ街道を驀進する『週刊文春』の取材と編集
~隠された真実に切り込む週刊誌の調査報道~

会    費

4,000円 (昼食代込み) 
※当日、受付にて申し受けます

定    員

お申込みが定員に達しましたので、受付を締切りました。

※ 法人正会員・個人正会員Aは、会員様1名につき他1名の計2名まで、法人登録会員・個人賛助会員Aはご本人または代理の方のみ、 個人正会員B、特別会員・個人賛助会員B、PRプランナー会員はご本人のみのご参加可。

お申込み締切日時

6月22日(水) 12:00

※準備の都合上、お申込み後の参加キャンセルのご連絡は、6月22日(水) 16:00までにお願いいたします。

それ以降のキャンセル及びキャンセルのお手続きのないままご欠席された場合は、後日キャンセルフィーとして会費分(4,000円)を請求させて いただきます。あらかじめご了承ください。

お申込み方法

 終了しました。

※日本PR協会会員限定のセミナーです。協会会員外の方は、お申込みいただけません。

お問い合わせ

(公社)日本パブリックリレーションズ協会 TEL:03-5413-6760   Mail: mail@prsj.or.jp

備    考

  • ホームページよりのお申込みにご協力をお願いいたします。

  • 受付の確認は自動返信メールにてご連絡させていただきます。このメールは「受講証」となりますので、プリントアウトして受付にて提示をお願いします。

  • 会場における撮影・録音はご遠慮ください。

  • 講師の緊急な都合により予定が変更になる場合は、ご了承ください。

(公社)日本パブリックリレーションズ協会 教育委員会