第184回定例研究会

 通信社の機能・体制と記者対応の基本
~共同通信ベテラン記者に聞く、広報担当として知っておきたい仕組みと記者対応~ 

 

“紙面を持たない新聞社”とも言われてきた通信社。新聞社にも優る強力な取材力は数々のスクープをあげ、全国に点在する地方紙の紙面を華々しく飾るなど、メディア界における黒子として長年にわたり読者のニーズに応えています。一般の読者には意外と知られておらず、広報担当者でもその仕組みをよく知らない方もいるといわれます。

 

そこで第184回定例研究会では、日本を代表する通信社、一般社団法人共同通信社編集委員兼論説委員 久江雅彦氏を講師に迎え、通信社と通信社の記者についてお話を伺います。
今回ご担当の久江氏は毎日新聞社を経て共同通信社に移籍、一貫して政治・外交畑を担当し記者として大きな実績を築いてこられたベテラン記者ですが、今回は特別に、比較的広報経験の浅い方々向けに、基礎的な通信社の仕組みや組織、大手新聞社の記者と何か違いはあるのかなどについても解説いただきます。
さらに今回の研究会では、これまでの取材活動の経験から、取材先に感じてこられた「上手い広報対応」「下手な広報対応」などについてもご紹介いただきます。

 

通信社の実際と広報・PRからの活用を探る本研究会。多くの皆さまのご参加をお待ちします。

 

開催日時 2017年6月23日(金)      開場・昼食 11:45~12:20/講演・質疑応答・名刺交換 12:20~14:00
会 場

コンベンションルーム AP東京八重洲通り

東京都中央区京橋1丁目10番7号 KPP八重洲ビル13階

講 師 一般社団法人共同通信社  編集委員兼論説委員 久江雅彦氏
テーマ

「共通信社の機能・体制と記者対応の基本

~共同通信ベテラン記者に聞く、広報担当として知っておきたい仕組みと記者対応~」

会 費

4,000円 (昼食代込み) 

※当日、受付にて申し受けます

定 員

70 名 (定員になり次第締め切りますので、お早目にお申込みください)

※ 法人正会員・個人正会員Aは、会員様1名につき他1名の計2名まで、法人登録会員・個人賛助会員Aはご本人または代理の方のみ、 個人正会員B、特別会員・個人賛助会員B、PRプランナー会員はご本人のみのご参加可。

お申込み締切日時

6月20日(火) 17:00 

 (申込が定員に達しましたら、その時点で締切ります。聴講ご希望のみなさまは、お早めにお申込ください。)

※準備の都合上、お申込み後の聴講キャンセルのご連絡は、6月21日(水) 12:00までにメールでお願いいたします。それ以降のキャンセル及びキャンセルのお手続きのないままご欠席された場合は、後日キャンセルフィーとして会費分(4,000円)を請求させて いただきます。あらかじめご了承ください。

お申込み方法

お申込が定員に達しましたので、申込みの受付を締切りました。

キャンセル待ちによる聴講申込を受け付けますので、ご希望の方は こちらのフォーム からお申込ください。なお、キャンセル待ちをお申込いただいた皆さまには、定例研究会前日までに聴講の可否をご連絡いたします。

※日本PR協会会員限定のセミナーです。協会会員外の方は、お申込みいただけません。

お問い合わせ (公社)日本パブリックリレーションズ協会 TEL:03-5413-6760   Mail: mail@prsj.or.jp
備 考
  • ホームページよりのお申込みにご協力をお願いいたします。
  • 受付の確認は自動返信メールにてご連絡させていただきます。このメールは「受講証」となりますので、プリントアウトして受付にて提示をお願いします。
  • 会場における撮影・録音はご遠慮ください。
  • 講師の緊急な都合により予定が変更になる場合は、ご了承ください。

 

 

(公社)日本パブリックリレーションズ協会 教育委員会