活動報告

広報・PRのフロントランナーを結集【PRプランナー部会】

既報のとおり、本年6 月にPRプランナー会員のスキルアップと人脈形成支援のために、「PRプランナー部会」を新設し、広報・PR実務者の育成・支援体制の強化を図ると共に、PRプラ ンナー資格取得者の当協会の会員化(PRプランナー会員)と当部会活動への参加を推進しております。

PRプランナー資格取得者のほとんどは、企業の広報部門や広告・広報代理店の広報・PR担当者で、まさに広報・PRのフロントランナー(実務者)であり、最近ではマネジメント層も増えています。 当部会ではこうしたPRプランナーに向けて、人材育成のための「PRプランナーフォーラム」や、相互交流のための「PRプランナー交流会」といった場を提供しています。

◇PRプランナーフォーラム PRプランナーの視野を広げ、高度な知識習得を目的とする教育プログラム。広報・PRのトップランナーを講師に招き、マーケティング・コミュニケ―ションなどの最新トレンドを、豊富な事例を交えて解説します。 講師との双方向のコミュニケーションや、ワークショップなどの参加型プログラムが特徴です。

◇PRプランナー交流会 PRプランナー資格認定制度の発足以来毎年開催されています。特に若い世代の横断的な人脈形成が、実務での情報や意見交換にも活かされているほか、相互触発の刺激がPRプランナーのモチベーションアップにもつながっています。 部会長の田畑好崇氏(協会理事、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社)は「今後は同部会を通じて、PRプランナーの社会的プレゼンスの向上を図り、資格取得メリットの理解を深めたい。さらに、資格取得者の視野を広げることでPR業界を活性化し、オリンピック開催を控える今、日本経済のより一層の発展につなげたい」と語っています。

※「広報会議」10月号の当協会連載コラムを転用

prp401prp402


2015年9月9日prsj
カテゴリー:活動報告

  • バナー

    • 共同通信PRワイヤー
    • 内外切抜通信社