活動報告

広報PRアカデミー2012 「プロ実務シリーズ」 第3回、第4回講座を終了 「CSRコミュニケーション講座」「クライシス・コミュニケーション講座」に人気集まる

昨年11月より開講した「プロフェッショナル広報・PR実務シリーズ」も4回の講座を終了し、残すところは3月13日開催の「グローバル・コミュニケーション講座」のみとなりました。専門性のレベルの高い講義や演習が行われる本講座は、毎回、ほぼ定員となる受講者を迎えるなど高い人気を誇っています。

さる1月30日には、第3回となる「CSRコミュニケーション講座」が開講されました。昨年、一般財団法人 経済広報センターが主催する企業広報功労・奨励賞を受賞するなど企業の広報マネージャーとして評価の高い帝人株式会社広報室長の宇佐美吉人氏を講師に迎え、「経営課題としてのCSRと広報・PR戦略の推進」をテーマに、同社のCSRの取り組み、CSRと密接に関連して展開される同社のダイナミックな広報・PR活動の全体像が解説され、受講者の大きな関心を集めていました。

2月13日には第4回「クライシス・コミュニケーション講座」を開講しています。講師には、危機管理広報の専門家として豊富な実績をお持ちの田中危機管理広報事務所の田中正博代表取締役社長を迎え、講義と演習交えた講座を4時間にわたり実施しました。「危機管理の心構えとクライシス・コミュニケーション推進のポイント」をテーマとする本講座では、危機管理における広報対応のポイントや心構えについて解説する講義の後、受講者はグループに分かれて演習を実施しました。企業における危機的事態を想定しその対応策を立案する演習では受講者の活発な討論がみられ、特に刑事事件化した危機的事態への対応については認識を大きくあらためる受講者も多く、実践的な有意義な講座であったとの感想が目立っています。


2013年2月14日prsj
カテゴリー:活動報告

  • バナー

    • 共同通信PRワイヤー
    • 内外切抜通信社