活動報告

第11回PRプランナー資格検定3次試験結果発表 合格率は73.8%

1月26日(土)に富士通ラーニングメディア品川ラーニングセンターにおいて第11回PRプランナー資格検定3次試験が行われ、170名の受験申込者のうち160名の方(出席率94.1%)が受験されました。
ご協力いただきました関係者および関係各位の皆様、大変ありがとうございました。

今回の3次試験におけるニュースリリース課題は、“札幌の食品メーカーが新発売する人気菓子”の告知をテーマとして、菓子の特長、冷凍技術の改善と販売チャネルの全国化をポイントとしてニュースリリースを作成するものでした。

また、広報・PR計画の立案作成におけるコーポレート課題は、“大手化学メーカー本社工場のプラントにおける爆発火災事故の発生”、に際し、ステークホルダー別のクライシス・コミュニケーション計画(風評被害対応含む)を立案するものでした。
マーケティング課題では、“大型国語辞典の6年ぶりの改訂”をテーマに、国語辞典の利用シーン・利用機会の拡大による需要を掘り起こしと販売拡大を促進する企画案の作成が求められました。

厳正な判定の結果、118名が合格(合格率73.8%)し、2月22日(金)に発表となりました。

合格者は、3月に実施されます「2012年度後期 第11回PRプランナー」の書類審査を経た後、PRプランナーとして認定されます。なお、合格者全員の認定により、PRプランナー登録者数は1,430名となると見込まれます。


2013年1月28日prsj
カテゴリー:活動報告

  • バナー

    • 共同通信PRワイヤー
    • 内外切抜通信社