活動報告

広報PRアカデミー2013 「広報・PR実務スキルアップ講座2013」 2講座が終了

さる9月11日と9月25日、東京・港区のAP浜松町にて「広報・PR実務スキルアップ講座2013」の2講座を、それぞれ約20名の受講者の参加のもとに開講しました。講座は、実務経験の豊富なベテラン講師の指導のもとに熱の入った講義と演習が行われ、欠席もなく熱心に聞き入る受講者の姿が見られました。

■「ニュースリリース活用講座」 (9月11日)
9月5日、本講座の第1回となる「ニュースリリース活用講座~進化するリリース戦略」を開講しました。
プレスリリースをさらに効果的に活用する応用的な視点の養成を目的とした本講座。プレスリリースの作成に関する基本的な知識をベースに、リリースによる情報拡散、さらにテレビや雑誌等の多様なメディアにマッチした広報資料の作成、リリースにもとづく複合的な情報発信のポイント等に関する講義と演習を内容としています。
講師は、今週の広報・PR基礎講座でもプレスリリースの作成の基本を指導された㈱電通パブリックリレーションズ ナレッジマネジメント部プロジェクトマネージャー 青田浩治氏が担当、基礎講座の内容をさらに発展させた充実した解説が行われました。


■「マーケティングPR強化講座(基礎編)」 (9月25日)
9月25日には、「マーケティングPR強化講座(基礎編)」を開講しました。
今年度、本講座ではマーケティングPRに関して基礎と応用を学ぶ2講座を開講、第1回となる「基礎編」では、マーケティングPRの概念や実践に必要な考え方、マーケティングPR活動の計画と推進のポイントの習得をめざし、講義と演習が行われました。
講師は、株式会社インテグレートの統合ソリューション部 部長/チーフプランナー 鈴木正人 氏が担当、豊富な経験に基づく解説は参加した多くの受講者の関心を集めました。

10月9日には、この「基礎編」の発展講座として、「IMC(統合マーケティング・コミュニケーション)」を内容とする「マーケティングPR強化講座(応用編)」を開講します。新たな市場開拓の手法として注目される本講座には多数の受講申込みが寄せられており、「基礎編」を担当した鈴木講師が引き続き指導にあたります。














2013年9月25日prsj
カテゴリー:活動報告

  • バナー

    • 共同通信PRワイヤー
    • 内外切抜通信社