活動報告

第12回PRプランナー資格検定試験 3次試験結果発表:合格率は63.6%

 7月27日(土)に富士通ラーニングメディア品川ラーニングセンター(東京会場)、富士通ラーニングメディア関西ラーニングセンター(大阪会場)において第12回PRプランナー資格検定3次試験が行われ、189名の受験申込者のうち173名の方(出席率91.5%)が受験されました。

ご協力いただきました関係者および関係各位の皆様、大変ありがとうございました。
 
今回の3次試験におけるニュースリリース課題は、電子部品に使用されるレアメタルやレアアースの国内の素材メーカーが、中国の企業と合弁企業設立し、非成長事業を譲渡、レアメタル事業の売り上げ拡大図るという内容でした。

また、広報・PR計画の立案作成におけるコーポレート課題は、エネルギー事業会社が別のエネルギー事業会社を買収・完全子会社化をする際の社内広報も含めた広報・PR計画を策定するものでした。マーケティング課題は、自動車メーカーが水素自動車を発表し、初代普及モデルの販促のための短期的なマーケティングだけではなく、中長期の企業ブランド戦略に資するマーケティングPRの戦略立案を立案するという内容でした。
厳正な判定の結果、110名が合格(合格率63.6%)となり、8月20日に発表となりました。

合格された方は、9月に実施されます「2013年度前期 第12回PRプランナー」の書類審査を経た後、新たにPRプランナーとして認定となります。仮に、全員が認定されれば、PRプランナー登録者数は1,535名となります。


2013年7月29日prsj
カテゴリー:活動報告

  • バナー

    • 共同通信PRワイヤー
    • 内外切抜通信社