活動報告

2013 年度「日本PR大賞 パーソン・オブ・ザ・イヤー」「日本PR大賞 シチズン・オブ・ザ・イヤー」及び「PRアワードグランプリ」が決定しました

「日本PR大賞 パーソン・オブ・ザ・イヤー」に佐藤真海氏
「日本PR大賞 シチズン・オブ・ザ・イヤー」に本屋大賞実行委員会
「PRアワードグランプリ」に株式会社TBWA博報堂・株式会社博報堂 「『土のフルコース』プロトリーフ社のコーポレートコミュニケーション」

「日本PR大賞 パーソン・オブ・ザ・イヤー」
「日本PR大賞 シチズン・オブ・ザ・イヤー」

2013年度「日本PR大賞 パーソン・オブ・ザ・イヤー」は、その基本理念であるパブリックインタレスト(公益)に貢献した人、あるいはそれぞれの分野でPRの視点から活躍した人を表彰するもので、過日、会員の皆様方に投票していただいた結果を基に、顕彰委員会での最終審議を経て、今年度の受賞は女子陸上選手で、パラリンピック走り幅跳び代表(日本記録とアジア記録保持者)であり、9月のIOC総会でのオリンピック・パラリンピック招致の最終プレゼンテーションが印象深い佐藤真海氏に決定しました。
また、「日本PR大賞 シチズン・オブ・ザ・イヤー」は、「地道で独創的な広報・PR活動」の掘り起しを目的に、企業や団体で長年にわたり独創的な広報・PR活動を実践し、広く社会や地域の発展に寄与し、奨励に値する成果を収めた個人またはグループ(NPOを含む)を公益法人として認定・顕彰するものです。第2回目となる今回は、過日会員の皆様に推薦していただいた10名(団体)の中から、2004年に設立され、今年で10回目を迎えた本屋大賞を運営するNPO法人本屋大賞実行委員会に決定しました。

【日本PR大賞 パーソン・オブ・ザ・イヤー】

受 賞 者 :佐藤真海 氏(さとう まみ)
受賞理由 :3大会連続パラリンピック出場を果たした義足のロングジャンパー。大学在学中、骨肉腫を発症し右足膝下を切断。現在サントリーホールディングス CSR推進部員として次世代支援として全国の学校・施設で自身の体験伝え、一緒に体を動かすことでスポーツの楽しさ、夢を持つことの大切さを伝えている。また彼女のこれまでの生き方や活動は中学校国語教科書にも掲載されている。2020 東京オリンピック・パラリンピック招致委員会プレゼンターとして2013年9月IOC総会でスポーツによって苦しみを克服してきたこと、被災地出身者として国内外のスポーツ選手による被災地での子供達を勇気付ける支援活動を紹介するなど、復興への思いを込めた最終プレゼンテーションは日本のみならず全世界を大きな感動に包んだ。

【日本PR大賞 シチズン・オブ・ザ・イヤー】

受賞団体 :NPO法人本屋大賞実行委員会(ほんやたいしょうじっこういいんかい) 受賞理由 :長い出版不況が続く中、本と読者を最も良く知る書店員が一番売りたい本を投票によって選ぶ賞として2004年有志による「本屋大賞」を創設、2005年以降はNPO法人化。2013年で10周年を迎えた。受賞作品はいずれもベストセラーになると同時に、隠れた作家の魅力を発掘することにも役立っている。従来の出版社が売りたい本をPRするやり方から、書店員が「読んで面白い」「お客様に勧めたい」本をPRする「本屋大賞」は出版PRの新しい発想であり、広く国民の支持を得ていることを高く評価する。

なお、表彰式ですが、1月21日(火)開催の「新春PRフェスタ2014」の「新春PRフォーラム」第1部で執り行います。

PRアワードグランプリ

12月3日(火)、六本木アカデミーヒルズ49「オーディトリアム」において、2013 年度「PR アワードグランプリ」の最終審査会が開かれ、グランプリ1作品、部門最優秀賞4作品が決定し ました。 特別審査員5名、各部門審査員長4名、会員公募の審査員23名による厳正な選考の結果、最高得点(グランプリ)を獲得したのは、㈱TBWA 博報堂・㈱博報堂「『土のフルコース』プロトリーフ社のコーポレートコミュニケーション」でした。

部門最優秀賞は、コーポレート・コミュニケーション部門が東京2020 オリンピック・パラリンピック招致委員会「東京2020 オリンピック・パラリンピック招致における戦略広報活動」。

マーケティング・コミュニケーション部門がアッヴィ(同)・エーザイ㈱「10 月29 日「世界乾癬デー」啓発イベント『“美容師の卵”がはじめて学ぶ乾癬患者さんの気持ち』」。
ソーシャル・コミュニケーション部門が㈱ワカゾウ「選挙割(センキョ割)」。
イノベーション/スキル部門が㈱博報堂「「転載」を活用した中国での科学的PR手法」にそれぞれ決定しました。

なお、「PRアワードグランプリ」の表彰式は、12 月3 日(火)最終審査会終了後、同会場にて執り行いました。

<2013年度「PRアワードグランプリ」>(優秀賞は各部門エントリー順)

活動の名称 エントリー会社
PRアワードグランプリ 「『土のフルコース』プロトリーフ社のコーポレートコミュニケーション」 株式会社TBWA博報堂
株式会社博報堂

コーポレート・コミュニケーション部門<最優秀賞>

「東京2020 オリンピック・パラリンピック招致における戦略広報活動」 東京2020 オリンピック・パラリンピック招致委員会
コーポレート・コミュニケーション部門 <優秀賞> 「「六本木ヒルズ10周年」広報活動を通じて都市の〝磁力“の重要性を訴求 ~テーマは「LOVE TOKYO」東京を世界で一番の都市に~」 森ビル株式会社
マーケティング・コミュニケーション部門<最優秀賞> 「10月29日「世界乾癬デー」啓発イベント
『“美容師の卵”がはじめて学ぶ乾癬患者さんの気持ち』」
アッヴィ合同会社
エーザイ株式会社
マーケティング・コミュニケーション部門<優秀賞>  「「菌活」きのこの新需要創出のための戦略PR活動」 ホクト株式会社
株式会社電通
株式会社電通パブリックリレーションズ
マーケティング・コミュニケーション部門<優秀賞>  「『日産ソーシャルメディアプロジェクト “にっちゃん”開発と運営』」 株式会社TBWA博報堂
株式会社博報堂
ソーシャル・コミュニケーション部門
<最優秀賞>
「選挙割(センキョ割)」 株式会社ワカゾウ
ソーシャル・コミュニケーション部門
<優秀賞>
「国立循環器病研究センター 日本人の食塩摂取量を減らす
「減塩プロジェクト」」
株式会社博報堂
ソーシャル・コミュニケーション部門
<優秀賞>
「中高生の科学技術系グローバル人材育成に向けた社会的機運の醸成」 独立行政法人科学技術振興機構(JST)
イノベーション/スキル部門
<最優秀賞>
「「転載」を活用した中国での科学的PR手法」 株式会社博報堂
イノベーション/スキル部門
<優秀賞>
 「情報拡散プランニング支援ツール 「くちこみデザイナー」」 株式会社電通
株式会社電通パブリックリレーションズ

2013年12月14日prsj
カテゴリー:活動報告

  • バナー

    • 共同通信PRワイヤー
    • 内外切抜通信社