広報・PRプロジェクト優秀事例セミナー ~ 「2014年度PRアワードグランプリ」に学ぶ

 

 
セミナー概要 「PRアワードグランプリ」は、企業、団体等により推進され、協会内外から広く推薦、ノミネートされた広報・PRプロジェクトについて、厳正な審査により優れた取り組みを選出し顕彰する制度です。顕彰されたプロジェクトは広報・PRの模範的事例として、多くの広報・PR関係者から注目されています。

本セミナーでは、昨年12月に実施された「2014年度PRアワードグランプリ」において、最も優れたプロジェクトとして選出された2つの「グランプリ」と、3つの「部門最優秀賞」の合計5プロジェクトについてご紹介いたします。講演では、プロジェクトの企画や施策の遂行において工夫したポイント、達成した成果などを受賞関係者からご解説いただきます。

優れた広報・PR事例にふれ参考とできる貴重な機会です。本セミナーに多くの皆さまのご参加をお待ちいたします。

日 時 2015年2月12日(木) 18:30~21:00
会 場

富士ソフト アキバプラザ 6階「セミナールーム1」  (東京都千代田区神田練塀町3、 会場地図はこちら

プログラム

18:30     【開会/ご挨拶】        日本PR協会

18:40     【 コーポレート・コミュニケーション部門 最優秀賞 】

「世界最高峰のスポーツイベントFIFA W杯で,史上初のガラスベンチルーフのライセンス権獲得と

戦略的PR展開による低予算での全社的なAGC旭硝子グローバルブランディング・プロジェクト」

    プレゼンター:旭硝子株式会社

19:05    【マーケティング・ コミュニケーション部門 最優秀賞 】

「伊藤園  お~い お茶新俳句大賞の25 年(四半世紀)」

    プレゼンター:ピーアールコンビナート株式会社

19:30    【 イノベーション/スキル部門 最優秀賞 】

「広報オクトパスモデル開発 上場企業の広報力比較調査

~広報業界のさらなる発展をめざして~」

    プレゼンター:株式会社電通パブリックリレーションズ

19:55    【 休憩 】

20:10    【 グランプリ 1 】

「地方の生産者と、都市の生活者との断絶を克服。

世界初の食べる月刊情報誌「東北食べる通信」 創刊&ブランディング作業」

    プレゼンター:株式会社電通

20:35  【 グランプリ 2 】

「ピリピリ!ジンジン!チクチク!見えない痛みどう伝える? 産学共同プロジェクト『オノマトペラボ』

「痛みのオノマトペ」で医療現場におけるコミュニケーション課題を解決」

    プレゼンター:株式会社オズマピーアール

受講料(税込)

一般 : 5,000円
PRプランナー資格取得者(准・補含む) : 3,000円
日本PR協会会員社員 : 3,000円
※「日本PR協会会員社員」の料金は、法人正会員の会社・団体等の社員・職員、もしくは個人正会員・個人賛助会員ご本人様のみが対象となります。その他の方で「PRプランナー資格取得者(准・補含む)」でない方は、「一般」の料金が適用されますのでご注意ください。

お支払方法

当日、会場受付で現金にてお支払ください。
※なお、日本PR協会会員社員については、当協会よりの請求書の発行に基づくお支払が可能です。ご希望の方は、お申込みフォームの所定の欄にチェックを入れてください。

定 員 100名  ※定員になり次第締め切らせていただきますので、予めご了承ください。
申込期間 終了しました
備 考
  • Webサイトによるお申込みの受付は自動返信メールにてご連絡させていただきます。
  • 撮影・録音はご遠慮ください。
  • 都合により予定が変更になる場合がございますので、予めご了承ください。

 

キャンセルについて 必ずお読みください

※準備の都合上、お申込み後の参加キャンセルのご連絡は、2月9日(月)17:00までにメールにてお願いします。それ以降の参加キャンセル及びキャンセルの手続きをされないまま欠席された場合は、聴講料相当金額をキャンセルフィーとしてご請求させていただきます。

※ キャンセルのご連絡は事務局までメールにてお願いいたします。お電話ではお受けできませんのでご了承ください。