第2回 PRプランナーフォーラム

 

デジタル化やグローバル化の進展を背景に急速に変容しつつある広報・PRの世界。ソーシャルメディアの台頭やマスメディアの影響力の低下など広報・PRを取り巻く環境変化のなかで、コミュニケーション活動を最前線で担う広報・PRパーソンには、プランニングや実務にこれまでの枠組みを超える新たな発想が求められています。今や時代に対応する知識や手法の習得は、広報・RPパーソンにとって不可欠の課題となっています。

第2回を迎える今回の「PRプランナーフォーラム」では、次世代に活躍する広報・PRパーソンが備えるべき考え方、知識や手法などの要件を探るパネルディスカッションを開催します。

パネラーには、コミュニケーションに関する世界最大規模のアワード「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」のPR部門で審査員を務め、日本及び世界の広報・PR事情に詳しい(株)博報堂ケトル 代表取締役社長の嶋浩一郎氏、(株)電通パブリックリレーションズ第2ディレクション局長の井口 理氏をお招きします。両氏には、次世代の広報・PRとそれを担う人々には何が求められているかについて、グローバルな先進事例を交えながらそれぞれのお考えをお話しいただきます。後半では会場の参加者との意見交換も実施し、これからの広報・PRを考えるご参考としていただきます。

また、パネルディスカッション終了後は軽食を用意し、パネラーや参加者相互の交流と情報交換のための懇親会を開催いたします。

不断なる自己研鑽を通じ、さらなる活躍を志すPRSJ認定PRプランナーの皆様の参加をお待ちします。

日本パブリックリレーションズ協会

<実施概要>

開催日時

2014年9月18日(木) 19:00~21:30 (開場・受付:18:30~)

・ パネルディスカッション(19:00~20:30)

・ 懇親会(20:30~21:30)

テーマ

「次世代の広報・PRがPRプランナーに求めるもの ~ これからの広報・PRパーソンの課題」

登壇者

パネラー

   株式会社 博報堂ケトル 代表取締役社長 クリエイティブディレクター/編集者    嶋 浩一郎 氏
  株式会社電通パブリックリレーションズ コミュニケーションデザイン局 局長/PRプランナー    井口 理 氏

モデレーター

  NTTコミュニケーションズ株式会社 第5営業本部担当部長/PRプランナー        田畑好崇 氏

会  場

コンベンションホール AP浜松町

(東京都港区芝公園2-4-1 芝パークビルB館地下1F)

参加費(税込)

5,000円 (懇親会費用含む)   当日、会場受付にてお支払ください。

定  員

80名 ※先着順とさせていただきますので、お早めにお申込みください。

参加資格

PRSJ認定PRプランナー有資格者  (准PRプランナー、PRプランナー補の皆様は、ご参加いただくことができません。)

申込受付期間

申込受付を終了いたしました。

お申込方法

参加ご希望の方は、このページのいちばん下にある「お申込みはこちら」のボタンをクリックし、フォームに必要事項を記入の上、お申込みください。

 

<登壇者プロフィール>

 パネラー

嶋 浩一郎 (しま こういちろう)氏

株式会社 博報堂ケトル 代表取締役社長  クリエイティブディレクター/編集者

1993年 博報堂入社。コーポレートコミュニケーション局配属。企業の情報戦略、黎明期の企業ウエブサイトの編集に関わる。
2001年 朝日新聞社に出向。スターバックスコーヒーなどで販売された若者向け新聞「SEVEN」の編集ディレクター。
2002年~2004年 博報堂刊行「広告編集長」。
2004年 本屋大賞立ち上げに関わる。現NPO本屋大賞実行委員会理事。
2006年 既存の手法にとらわれないコミュニケーションによる企業の課題解決を標榜し、クリエイティブエージェンシー「博報堂ケトル」を設立、代表に。
2009年から地域ニュース配信サイト「赤坂経済新聞」編集長。
2011年からカルチャー誌「ケトル」編集長。2012年下北沢に書店B&Bをヌマブックス内沼晋太郎と開業。
2011年、2013年のカンヌクリエイティビティフェスティバルの審査員も務める。

 

井口 理 (いのくち ただし)氏

株式会社 電通パブリックリレーションズ コミュニケーションデザイン局 局長/PRプランナー

1990年株式会社電通PRセンター(現株式会社電通パブリックリレーションズ)入社。コミュニケーションデザインを手がけるチーフPRプランナー。PRコンテンツ創出を起点とした戦略PRの事例多数。
受賞歴に、Asia Pacific PR Award、日本PR協会「PRアワード グランプリ」、国際PR協会「ゴールデンワールドアワーズ」、SABRE AWARDS ASIA PACIFIC等。
実務のみならず、大学やトレードショー、PR協会での講義による若手育成にも従事。「Cannes Lions 2012」「Spikes Asia 2012」PR部門、「SABRE AWARDS ASIA PACIFIC 2014」審査員。2013年6月に「戦略PRの本質~実践のための5つの視点~」を上梓。

モデレーター

田畑 好崇 (たばた よしたか)氏

 NTTコミュニケーションズ株式会社 第五営業本部 担当部長/PRプランナー

1994年  日本電信電話株式会社(NTT)入社。
1997年 同 広報(マルチメディアビジネス担当)。以降NTTのネットビジネス分野を中心に、NTTグループ各社広報部門にて広報、プロモーション、CS(顧客満足向上)、カスタマーサポート、法的権利対応などステークホルダーコミュニケーション全般を一体的推進する統合コミュニケーションに注力。
2008年 NTTレゾナントにて、ポータルサイト「goo」ユーザー利用に応じて沖縄の海にサンゴを植える「gooホーム PROJECT」がカンヌライオンズ プロモ部門銀賞受賞。
2009年 NTTコミュニケーションズ 広報にてグローバルプロモーション担当の後、同 第五営業本部にて、OCN等個人向けサービスのセールスチャネルマネジメントを担当。
2008年 PR協会企業部会幹事。PRSJ認定PRプランナー。

「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」

世界各地で開催される数々のPR、コミュニケーションや広告に関連したアワードや祭典。その中でも世界最大規模を誇るのが「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」です。毎年6月に1週間にわたってフランスのカンヌで開催され、会期中は、毎日数十ものセミナーが催されます。

 アワードの審査は世界から選抜された審査員により会期中に行われ、各国の企業や団体等が出品した作品を選考の上、「グランプリ」「ゴールド」「シルバー」「ブロンズ」とランク付けられたアワードが授けられます。

2009年よりPRの表現や手法を競うPR部門も設けられており、各国から多彩な出品を集める「カンヌライオンズ」は、PRのグローバルな基準を示すイベントとして世界のPR関係者の注目を集めています。

<国内プロモーターのurl>

http://www.canneslionsjapan.com/

 

<キャンセルポリシー> <重要>お申込み前に必ずご確認ください

準備の都合上、お申込み後の予約キャンセルは9月16日(火)正午までにお願いいたします。それ以降のキャンセル、およびキャンセルのお手続きをすることなく当日ご欠席された場合は、キャンセル料として5,000円を請求させていただきますので、予めご了承ください。