広報・PRブラッシュアップ講座/ベーシック・メディアリレーションズ

「メディア対応はこれでOK!~円滑なコミュニケーションのための基本スキル」

関係者  

 

講座概要

<講座概要>

現代社会におけるレピュテーションやブランドの確立は、企業・団体における広報・PRパーソンの重要課題です。この課題の達成に向け、担当者はテレビや新聞、雑誌等のメディア関係者との間で良好なリレーションを常日頃から形成し、ニュース発表や取材対応をはじめとするさまざまな広報・PR活動を遂行しなければなりません。

このため、広報・PRパーソンは、多様なメディアの特性や記者・編集者の考え方、それぞれのメディア固有のニーズ等を的確に把握しておくなど、メディア関係者との円滑なコミュニケーションを行うための基本的な知識とスキルを確実に身に着けておくことが必要です。

本講座では、メディアと日常的に接する広報・PRパーソンがマスターしておくべきメディアリレーションズの基本を4時間の講義と演習を通じて習得します。また、ソーシャルメディア等のネット系メディアを通じた情報拡散のプロセスと情報量の最大化について考え、トータルな広報効果を高めるマスメディアとの効果的な連携法についても学びます。

 

<講座アジェンダ>

(1) メディアを知る
 ▶ メディアの裏で流れている企業の戦略情報を読み取る
 ▶ 新聞、テレビ、ラジオ、雑誌、地方紙、通信社の特性と報道機能
 ▶ 官庁記者クラブ、民間記者クラブ、地方記者クラブ
 ▶ 記者を知る 新聞、雑誌、ネットメディア記者、フリーランス
 ▶ 企業の公式情報とニュースリリース
 ▶ オンライン、オフラインの情報流通構造の仕組み
 ▶ 企業の公式SNSとソーシャルメディア
 ▶ 報道の自由度と信頼度

  [全員参加のPRエクササイズ]

(2)攻めのメディアリレーション メディアへの発表手法
 ▶ ぶれないニュース、注目されるニュースとは
 ▶ プレス発表と会見の仕切り方
 ▶ 掲載のゴールイメージを掴む
 ▶ プレスセミナー、プレスツアー、ランチ懇親会
 ▶ 発表直後の対応ポイント
 ▶ 記者の向こう側にいる読者を意識する
 ▶ リークとオフレコ

  [プレゼンテーション・トレーニング]

(3) 守りのメディアリレーション 
 ▶ 取材対応のポイント
 ▶ テレビ取材の極意
 ▶ トップインタビューの〇と×
 ▶ 広報サンプルの活用方法  

    [ディスカッションタイム] 

        「戦略PR? 空気をつくる? 世論で売れるか?パブリックリレーションンズの近未来を話そう」

(4) グループワーク

(5) 講評と統括

日    時

2016年10月5日(水)  15:30~19:30

会    場

富士ソフト アキバプラザ「セミナールーム3」
  東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフト秋葉原ビル6F

講    師

田代 順 氏 (たしろ じゅん)

株式会社スペインクラブ取締役社長  
株式会社ミラ・ソル代表    

 <プロフィール>

1956年生まれ 学習院大学法学部政治学科卒業。
卒業後は西武プロモーションネットワーク入社。西武流通グループ内で販売促進、店舗開発などを担当する。1985年株式会社スパイスコミニケーションズに入社。広報実務経験なしで中途入社であったため日本PR協会の実務講座で学び見識を深める。その後、自動車関連(ポルシェ、サーブ、GM、ゼンリン)、自治体(静岡県東京事務所)、医療企業(ジョンソン&ジョンソン、ボストンサイエンティフィック)、ファッション(ヒューゴボス、フィラ)スポーツブランド(MAVIC、 SUUNTO、SALOMON)の広報実務を担当する。2007年スポーツとフードビジネスの専門分野に特化したPRエージェンシー 株式会社ミラ・ソル設立。
現在は株式会社スペインクラブでレストラン事業、ワイン事業のマーケティング、広報、管理業務を行う。

公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会会員 日本広報学会会員。
広報実務講座の講師、PRプランナー試験対策講座の講師を長年にわたり担当している。
大学の広報実務解説、就職活動支援も行う。

受講料

(税込)

一般 :25,920円

PRプランナー資格取得者(准・補含む) :22,680円

日本PR協会会員社員 : 17,280円

受講者種別「日本PR協会会員」は、日本PR協会の「個人正会員」「個人賛助会員」「PRプランナー会員」としてご登録いただいているご本人様、もしくは「法人正会員」としてご登録いただいている会社・団体(グループ会社、系列会社を除く)の社員の方が対象となります。その他の方で「PRプランナー資格取得者(准・補含む)」でない方は、「一般」の料金が適用されますのでご注意ください。

お支払方法

銀行振込 ※振込手数料はご負担ください。会場での直接のお支払いはお受けできませんのでご了承ください。

定 員

40名 (最低開講人数20名)

申込期間

・方法

受講受付:9月30日(金)まで

下記の「キャンセルポリシー」をご確認の上、このページのいちばん下にある「お申込みはこちら」のボタンをクリックし、所定のフォームに必要事項を記入してお申込みください。

備 考

  • Webサイトによるお申込みの受付は自動返信メールにてご連絡させていただきます。
  • 撮影・録音はご遠慮ください。
  • 会場の都合により予定が変更になる場合がございますので、予めご了承ください。
  • お申込みが最低開講人数に達しない場合は開講を中止することがございますので、あらためてご了承ください。

 

キャンセルについて 必ずお読みください

キャンセルされる時期によって、以下のキャンセル料が発生いたします。

講座実施11営業日前(9月16日)までのキャンセル … 無料

講座実施10営業日前(9月20日)から6営業日前(9月27日)までのキャンセル … 受講料の50%

講座実施5営業日前(9月28日)以降のキャンセル … 受講料の100%

キャンセルのご連絡なく当日欠席された方 … 受講料の100%

※ キャンセルのご連絡はメールにてお願いいたします。お電話ではお受けできませんのでご了承ください。

 

受講料の請求書送付とお支払いについて

受講料の請求書は、受講申込後 1週間以内にご指定の住所へ発送いたします。受講料は、指定の口座へ受講当日までにご入金ください。請求書が届かない場合は、事務局までお問い合わせください。