広報・PRプラクティカル・トレーニング <デジタルPR>(3月6日)

 

講座概要

ネットとリアルをつなぎ、人の共感を生む「デジタルPR」の考え方
   ~「デジタルPR」の実践に必要な3つの要素~

現在の情報環境下で実務として広報・PRに取り組む場合、「デジタル」を意識しない人は、もはや、いらっしゃらないと思います。だとすると、あえて今「デジタルPR」と呼ばれる領域とは何を指すのでしょう。

InstagramやTIK TOKなど、次々に登場するデジタルプラットフォームを積極活用することでしょうか? デジタルコンテンツをリッチ化したり、ソーシャルメディアキャンペーンを実施することでしょうか?

 

いずれも「デジタルPR」の施策や対応策としては大切ですが、けっして本質ではないように思います。

思い出してください。いつの時代も「広報・PR」を語る以上、カギは「人の気持ち」と「社会の文脈」にあります。ただ、今、リアル世界で表面化しやすい「人の気持ち」や顕在化しやすい「社会の文脈」と、デジタル世界のそれは、必ずしも一致しないという現象が起きています。
その現象を踏まえた上で、私たちが考える「デジタルPR」には、下記の3つの要素があります。

[デジタルPRの3要素]
(1) デジタル世界で刺激されやすく表面化しやすい「人の気持ち」や、デジタル世界で反応が強くうねりを生み出しやすい「社会の文脈」の把握
(2) デジタル世界とリアル世界の交差点や、相互作用の予測
(3) デジタル世界の反響に留まらず、リアル世界にも影響をもたらし共鳴を生むような、戦略や仕掛けの全体設計および、細部の工夫。

 

本講座では、この3つ要素について、事例紹介などを交えつつ、ワークやディスカッションを通じて、受講のみなさんと一緒に「デジタルPR」について考えを深め、より実践的な「デジタルPR」のあり方を探したいと思います。

 

<講座アジェンダ(予定)>

・ヒット事例に見る、昨今のデジタル世界のトレンド
・デジタル世界で刺激されやすく表面化しやすい「人の気持ち」のキホン
・デジタル世界で反応が強くうねりを生み出しやすい「社会の文脈」のキホン
・デジタル世界における代表的な施策について、役割や効果について考えよう
・ワークにトライ/全体でシェア

日時
2019年3月6日(水) 13:30~17:30
会場

六本木アカデミーヒルズ49
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階( 会場地図は こちら

講師プロフィール 

新井健太(あらい けんた)氏

株式会社電通パブリックリレーションズ   

PRプランナー

2011年、電通パブリックリレーションズ入社。PRイベントへのメディア取材動員業務を経て、デジタルセクションに異動しデジタルPR領域の立ち上げに従事。デジタルPR黎明期から、飲料業界・通信業界のクライアントを中心に、年間100案件以上のプロジェクト実施に携わる。その後、デジタルを基軸としたコンテンツ開発、およびそのディストリビューション(情報流通設計)を担当する部署に所属し、オンラインビデオ制作/拡散、オウンドメディア制作などに従事。現在は統合的なPRプランニングを担当する部署に所属している。ADFEST、SPIKES ASIA、 ACC TOKYO CREATIVITY AWARDSなど受賞。
デジタルPRプランナー。公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会認定PRプランナー。

 

伊澤佑美(いざわ ゆみ)氏

株式会社電通パブリックリレーションズ 

シニア・コンサルタント

2003年、電通パブリックリレーションズ入社。メディアリレーションズに従事したのち、自社メディアの編集長を6年務め、現在は企業や団体、自治体のためのコンテンツプランニングを手がけるほか、外部メディアでの連載・寄稿なども手がける。対話を通じて、世の中に伝わりやすいメッセージを引き出すダイアログ・ライター。
Public Relationsをテーマに、日本PR協会や企業、大学や地方自治体で講義。
共著に「デジタル時代の基礎知識『PR思考』 人やメディアが「伝えたくなる」新しいルール」(翔泳社/2018年3月)、「自治体PR戦略」(時事通信社/2016年12月)。

受講料
(税込)

一般:25,920円

PRプランナー資格取得者(准・補含む): 22,680円

日本パブリックリレーションズ協会会員:17,280円

※受講者種別「日本パブリックリレーションズ協会会員」は、日本パブリックリレーションズ協会の「個人正会員」「個人賛助会員」「PRプランナー会員」としてご登録いただいているご本人様、もしくは「法人正会員」としてご登録いただいている会社・団体(グループ会社、系列会社を除く)の社員の方が対象となります。その他の方で「PRプランナー資格取得者(准・補含む)」でない方は、「一般」の料金が適用されますのでご注意ください。

定員

40名

申込期間
・申込方法

申込締切日: 3月4日(月)

受講料はクレジットカード(Peatix)によるお支払いをお願いいたします。なお、日本パブリックリレーションズ協会会員の方はご希望により、請求書による銀行振込もご利用になれます。

  • お申込は、まず下記の「キャンセルについて」をご確認ください。
  • お支払い方法として、クレジットカード払いを選択される方は左側のボタンを選択し、Peatixからお申込ください。
  • 日本パブリックリレーションズ協会会員の方で請求書の発行を希望される方は右側のボタンをクリックし、所定のフォームに必要事項を記入してお申込みください。請求書は受講申込後1週間以内にご指定の住所へ発送いたします。受講料は指定の口座へ請求月翌月末日までにご入金ください。請求書が届かない場合は、事務局までお問い合わせください。
備考
  • 撮影・録音はご遠慮ください。

  • 会場の都合により予定が変更になる場合がございますので、予めご了承ください。

 

 

キャンセルについて 必ずお読みください

キャンセルされる日程によって、以下のキャンセル料が発生いたします。

講座実施11営業日前(2月19日)までのキャンセル … 無料

講座実施10営業日前(2月20日)から6営業日前(2月26日)までのキャンセル … 受講料の50%

講座実施5営業日前(2月27日)以降のキャンセル … 受講料の100%

キャンセルのご連絡なく当日欠席された方 … 受講料の100%

※ キャンセルのご連絡は メール にてお願いいたします。お電話ではお受けできませんのでご了承ください。

 

お申込はこちらから

 

クレジットカード払い

対象:一般、
PRプランナー(准・補)、
日本PR協会会員

 

請求書払い

対象:日本PR協会会員のみ

 

 

「日本PR協会会員」の方は、「種別」にご注意ください 必ずお読みください

※ お勤め先が「個人正会員」としてご入会されている場合、社員の方は会員料金が適用されません。お勤め先の会員種別を こちらのページ で今一度ご確認ください。