第197回定例研究会 [会員限定セミナー]

 経営の躍進に寄与する資生堂のコミュニケーション戦略
 ~老舗企業における広報・PR展開を探る~

 

日本を代表する老舗化粧品メーカーの資生堂。「美しい生活文化の創造」というミッションのもと、美しさを通じて人々が幸せになるサステナブルな社会の実現を目指した事業展開を進めています。2015年からは中長期をにらんだ経営戦略「Vision 2020」を掲げ、100年先も輝き続ける会社を目指してグローバルな構造改革を行うとともにマルチブランド戦略を推進、2017年12月期には当初計画を3年前倒しして1兆円企業の仲間入りを果たしました。この経営の躍進をコミュニケーションの面から支えたのが、資生堂グループの広報・PR活動です。

 

第197回定例研究会では、株式会社資生堂 コーポレートコミュニケーション本部広報部長及び資生堂ジャパン株式会社のCSR・コミュニケーション部長を歴任した上岡典彦氏を講師にお招きします。両社のコミュニケーションの中核としてご活躍された同氏には、資生堂グループの広報・PR展開の基軸となるコミュニケーション戦略、経営や事業を支援する広報活動の取組みなどについて事例を交え具体的にご解説いただきます。特に、長年にわたり内外への広報活動の中心として活躍されたご体験のなかで、会得したメディアリレーションと危機管理の真髄に関して重点的にお話しいただく予定です。

 

資生堂グループにおける広報・PRについて、これからの展開を探る第197回定例研究会。会員の皆さまのご参加をお待ちします。

 

開催日時

2019年2月13日(水)

□開場・昼食11:45~12:20   □講演・質疑応答・名刺交換 12:20~14:00

会 場

六本木アカデミーヒルズ49 「カンファレンスルーム」

東京都六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階

講 師

株式会社資生堂  社会価値創造本部  アート&ヘリテージ室長 上岡典彦氏 

テーマ

「経営の躍進に寄与する資生堂のコミュニケーション戦略
   ~老舗企業における広報・PR展開を探る~」

会 費

4,000円 (昼食代込み) 

※当日、受付にて申し受けます

定 員

70 名 (定員になり次第締め切りますので、お早目にお申込みください) 

※ 法人正会員・個人正会員Aは、会員様1名につき他1名の計2名まで、法人登録会員・個人賛助会員Aはご本人または代理の方のみ、 個人正会員B、特別会員・個人賛助会員B、PRプランナー会員はご本人のみのご参加可。

お申込み締切日時

お申込を締切りました

※準備の都合上、お申込み後の聴講キャンセルのご連絡は、2月8日(金) 17:00 までにメールでお願いいたします。それ以降のキャンセル及びキャンセルのお手続きのないままご欠席された場合は、後日キャンセルフィーとして会費分(4,000円)を請求させて いただきます。あらかじめご了承ください(「キャンセル・ポリシー」)。

お申込み方法

聴講ご希望のみなさまは、前述の「キャンセルポリシー」をご確認の上、このページのいちばん下にある「お申込みはこちら」のボタンをクリックし、所定のフォームに必要事項を記入してお申込みください。

※日本PR協会会員限定のセミナーです。協会会員でない方は、お申込みいただけません。

お問い合わせ (公社)日本パブリックリレーションズ協会 TEL:03-5413-6760   Mail: mail@prsj.or.jp
備 考
  • 専用フォームからのお申込みにご協力をお願いいたします。
  • 受付の確認は自動返信メールにてご連絡させていただきます。このメールは「受講証」となりますので、プリントアウトして受付にて提示をお願いします。
  • 会場における撮影・録音はご遠慮ください。
  • 講師の緊急な都合により予定が変更になる場合は、ご了承ください。

 

<お申込はこちらから>

 

 
 
(公社)日本パブリックリレーションズ協会 教育委員会